ガーデンデザイナーの仕事内容

庭の設計をする仕事

ガーデンデザイナーは、庭をデザインしていく職業です。個人住宅の庭だけではなく、公共の公園や庭園といった場所も扱い、緑を演出していきます。

庭師が実際に植物を切ったり、石を動かしたりするのに対して、ガーデンデザイナーは設計の仕事が中心です。設計の際には、設計に関する知識だけでなく、自然や植物を深く理解していることが必要になります。

ガーデンデザイナーの仕事は、依頼主からどんな空間にしたいのかという要望やコンセプト、予算などをヒアリングすることから始まります。

・どのような植物を植えるのか、どう配置するのか
・どんなエクステリアを選ぶのか
・庭の構造をどうするのか
・給水や排水の構造

など、庭の設計に関すること全般を担います。

ヒアリングをもとに、植物の種類、配置、給排水の設備などを検討し、依頼主や施工業者と打ち合わせを重ねて、図面やデッサンを作成し、詳細を詰めていきます。予算的にもOKが出ると造園工事へと入ります。

工事が始まってからも、図面通りに工事が進むように施工管理も行います。

造園作業自体は、別の職人が行うことがほとんどです。このため、ガーデンデザイナーは依頼者と業者の間をつなぐという大切な役割も果たしています。

ガーデンデザイナーの仕事の流れ

ガーデンデザイナーの仕事の流れをまとめると、だいたい以下のようなものとなっています。

1.独立開業している場合には、集客・PRから始まります。
2.その後、お客さんの要望を聞き、実際に庭の現状・広さなどを調べていきます。
3.図面・設計などを作成し、すり合せながらプランを固めていきます。
4.工事では、現場で指示をすることもあります。

ガーデンデザイナーの勤務先

ガーデンデザイナーの勤務先は、ホームセンターや園芸店、造園会社、設計事務所などになります。経験と実績を重ね、独立して個人で活躍する人もいます。

独立か雇われかで、大きく異なってくるのは営業の有無です。開業した場合には、自分で実績・信頼を作りあげお客さんを確保していかなければなりません。