ガーデンデザイナーの求人・募集状況

造園会社やハウスメーカーで活躍

ガーデンデザイナーの求人募集を行っているのは、主に造園会社やハウスメーカー、工務店、ホームセンターなどになります。

どこも植物を使って空間をデザインしていくという仕事であることは同じなのですが、企業によってその活躍の場が少し違ってきます。

たとえば、造園会社の場合は公園や市町村の街路樹の整備など幅広い案件に触れることが多くなりますが、ハウスメーカーや工務店の場合は個人の住宅の庭作りの案件がメインとなることが多いようです。

当然、必要とされる知識やスキルも違うので、自分がどんなガーデンデザインをしたいのかをよく考えた上で就職先を選ぶことが大切です。

給料は一般的には年収300万円〜500万円ほどですが、企業の規模や受けている案件の大きさなどによって、手にすることができる給料は大きく異なります。

一般的には、大手のハウスメーカーや工務店などは、待遇も良く各種の手当や保険も充実しています。

一方で、個人経営の造園会社は手当が望めないこともあるので、求人票をよく見て雇用条件を確認することが大切です。

正社員をめざして

ガーデンデザイナーは、働き方のスタイルもさまざまです。

企業に雇用される場合「正社員」以外にも「契約社員」というケースがあります。「契約社員」として何年か働いて実績を積んだ人が、晴れて正社員として登用されることもあるようです。

また、「業務委託」という形で、フリーランスのガーデンデザイナーとして企業と契約を結んで働くということもできます。この場合は、案件ごとに報酬を設定するのが一般的です。

未経験者が現場で勉強をしながら働きたいという場合には、アルバイトからのスタートということもあります。

求人募集が出ていなくても、個人的にアプローチをして丁寧に交渉することでアルバイトとして採用されることもあるので、憧れの企業がある場合は積極的に行動することも大切です。