ゲーム制作会社社員の仕事、業務内容

ゲーム作品をつくる会社

ゲーム制作会社は、娯楽として人々に遊んでもらうためのゲーム作品をつくる会社です。

ゲームの種類についてはさまざまな分け方をすることができますが、大きく、家庭用のゲーム専用機で遊ぶ「コンシューマーゲーム」と、スマートフォンの普及によって近年主流になりつつある「ソーシャルゲーム」などがあります。

ゲーム制作会社は、これらのゲームのプラン(企画)に基づき、プログラミング言語を使ってキャラクターのセリフや動き、音楽などを入れ込んだシステムを構築し、作品として仕上げていきます。

なお、ゲーム制作会社と同じゲーム業界の企業の種類として、「ゲームメーカー」があります。

両者は「ゲームをつくる」という点では共通していますが、一般的に、ゲームメーカーが自社でゲームの企画・開発・販売まで行うのに対し、ゲーム制作会社はおもにゲームメーカーから仕事を依頼され、開発部分の仕事を行うことが多いです。

ただし、どちらも明確な定義があるわけではありません。実際、ゲーム制作会社といって、ゲームメーカーのことを指して使われることもあるため、文脈などから判断する必要があります。

ゲーム制作会社の仕事

ゲーム制作会社では、おもに以下のような人たちが活躍しています。

プランナー

ゲーム作品のアイデアや設計図を考えて、ゲームを考案する仕事です。その後のあらゆる開発工程は、プランナーが考えた企画内容に基づいて進められます。

ゲームプランナーの仕事

デザイナー

キャラクターや背景など、作品のグラフィックを作成する仕事です。

プログラマー

グラフィックやサウンド、セリフなどをゲームとして実際に動くようにプログラムを組む仕事です。

ゲームプログラマーの仕事

サウンドクリエイター

ゲーム作品の世界観に合わせ、BGMや効果音を作曲する仕事です。

サウンドクリエイターの仕事

ディレクター

ゲーム開発現場のリーダー的な存在として、複数の開発スタッフをまとめて作業工程や進行の管理を行う仕事です。

ゲームディレクターの仕事

デバッカー

開発中や完成したゲームをプレイして、バグなどの問題がないか、ゲームとして楽しめるものになっているかなどをチェックする仕事です。