ゲーム制作会社社員への転職、中途採用

中途採用も活発に行われている

ゲーム制作会社では、新卒採用だけではなく中途採用も活発に行われています。

とくに、中小規模の企業では即戦力になれる人が強く求められており、経験やスキルがある人ならいつでも大歓迎というところも少なくないようです。

そうした意味では、関連する仕事の経験があれば、転職はしやすいといえるでしょう。とくに最近はソーシャルゲームを制作する企業が増えているため、そこに関わっていける人材のニーズが大きくなっています。

なかには未経験者でもセンスや熱意があれば積極的に採用を行う企業もあるため、求人情報サイトや各社のホームページなどを見て、地道に探してみるとよいでしょう。

年齢は重要?

ゲーム業界では、年齢が若いほうが転職しやすいと考えられています。

というのも、各社ではだいたい35歳を超えてくると、それまで開発職に携わっていた人が、ディレクターやプロデューサーなど現場を管理するポジションに回るケースが多くなってきます。

あるいは、プログラムやデザインの仕事一筋でやっている場合には、多様な経験を積んで高い能力を身につけ、大きな信頼感を得ていることが多いものです。

ゲーム制作の仕事は専門性を要するものが多いため、どうしても一人前になるには時間がかかります。

どうしてもゲーム制作会社に入りたい場合には、できれば20代前半のうちに転職を実現させて、現場で経験を積んでいったほうがよいでしょう。

スキルがある人はどの企業でも求められるため、その後、さらに良い職場へ転職することもしやすくなります。

転職を成功させるために

転職者の場合、まったく就職した経験を持たない新卒とは異なり、どうしても前職での経験が問われがちです。

そのため、採用試験では「どのように企業に貢献できるのか」といった点をしっかりとアピールすることが大切になってきます。

異業種からの転職であったとしても、前職の経験をどう生かしていきたいのかという話をできるようにするとよいでしょう。