ゲーム制作会社社員のつらいこと、大変なこと、苦労

激務な日々を送ることも

ゲーム制作会社というと、大好きなゲームに毎日触れ合っていられて、ものすごく華やかで楽しそうなイメージを抱く人もいるかもしれません。

しかし、その実態は一般の人が思っているよりも厳しい世界であり、身を削って仕事に打ち込んでいる社員も大勢います。

というのも、ゲーム制作は「ものづくり」の一種であり、タイトなスケジュールの中で多くの業務をこなして作品を完成させなくてはなりません。

とくに制作会社の場合、大手ゲームメーカーの下請け的な存在であるケースも多く、厳しい納期の下に動かなくてはならないこともしばしばあります。

当然、作業が思うように進まなければ残業や休日出勤をしても対応しなくてはなりませんし、納期前には徹夜作業になる可能性もあります。

忙しいことを苦痛に思わずにゲーム制作に打ち込める人でなければ、ただつらいと感じるだけの仕事になってしまうかもしれません

他のスタッフとのコミュニケーションも重要

ゲーム制作は、他のスタッフとの協力があってこそ成功に近づきます。したがって、いつでもチームプレイの精神を持っていなくてはなりません。

なかには、あまり人と関わりたくないからゲーム制作がしたいという人もいるようですが、仕事となればスタッフとのコミュニケーションは不可欠です。

自分の思い通りに事が運ばない時にはストレスがかかるかもしれませんが、それでも協調性をもって、「みんなでいいものを作り上げる」という強い意識が求められます。

粘り強さが求められる

ゲーム制作は作品にもよりますが、長い時間をかけてゴールに向けて走り続けなくてはならない仕事です。

せっかく予定通りに進めていても、仕様変更などが起これば、一度やった仕事を一からやり直したり、やり方を変えたりしなくてはならないこともあります。

一見、派手な仕事に見えるかもしれませんが、実際にはコツコツとした作業が多く、決められたことを最後までやり遂げる粘り強さが求められます。