ゲーム制作会社社員の種類

ひとくちにゲーム制作会社といっても、そのビジネスモデルや事業展開によって、いくつかの種類に分けることができます。

ここでは、ゲームをつくるゲーム制作会社の種類とその内容について紹介します。

パブリッシャ-

「販売会社」のことを示し、ゲームの企画から開発、流通、宣伝、販売までをすべて手掛けます。

一般的にパブリッシャーは「ゲームメーカー」と呼ばれることも多く、任天堂、セガ、コナミ、カプコンなど、業界内でも名の知れた大手企業はたいていパブリッシャーに含まれます。

ただし、パブリッシャーとして事業を展開する企業であっても、ゲーム作品によっては開発は別企業に任せているケースもよくあります。

ディベロッパー

一般的にはパブリッシャーの企画の下、ゲームを実際に制作する会社のことを意味します。

販売は自社で行わず、プログラマー、デザイナー、サウンドクリエイターなどが在籍し、あくまでも開発に専念する会社のことをディベロッパーと呼びます。

ディベロッパーは、パブリッシャーから提供された企画書や仕様書を基に開発を進めていき、大手ゲームメーカーの下請け的な存在として事業を展開している企業も多くあります。

パブリッシャーに比べてさほど目立つ存在ではありませんが、大ヒットしたゲーム作品でもディベロッパーが開発しているというケースは決して珍しいことではありません。

また、デベロッパーとして力を付け、その後パブリッシャーになるという企業も出ています。

インティペンデントディベロッパー

いわゆる「独立系」と呼ばれるゲーム制作会社をこう呼びます。

通常さまざまなパブリッシャーと契約してゲームをつくることはディベロッパーと同じですが、自社で企画を持ち込んで制作するケースもしばしばあります。

なお、CGムービーやグラフィックなど、開発工程の一部分だけに特化した事業を手掛ける企業も存在します。

スマートフォンアプリ制作・開発会社

iPhoneアプリやAndroidアプリなど、スマートフォンアプリを開発する会社です。スマホアプリに特化して事業を営んでいる企業もあれば、Web制作会社などがスマホアプリまで手掛けているケースもあります。

スマホアプリはゲームや電子書籍といった一般消費者向けのものだけではなく、会社の広告ツール、集客ツール、口コミ情報、社内SNSなど、ビジネスの場でも活用される場面が増えています。