ゲーム制作会社社員に特有の職種

さまざまな職種のスタッフが協力して仕事をする

ゲーム制作会社では、ゲームのアイデアや企画を考える人、グラフィックを作る人、プログラムを組む人、BGMや効果音を作る人など、さまざまな職種に就いている人が活躍し、協力して制作を進めています。

「ゲーム業界ならでは」という仕事もさまざまありますが、大手企業が中心であるゲームメーカーに対して、制作会社はメーカーの下請けなど小規模の企業も多く、なかには「企画のみ」「グラフィックのみ」といった形で、制作工程の一部分を専門とする制作会社もあります。

したがって、すべてのゲーム制作会社で各職種のスタッフが働いているとは限りませんが、ここではゲーム制作会社に特有といえる職種について紹介します。

代表的な職種

プランナー

ゲームのアイデアや企画を考える仕事です。ゲーム開発をするうえでの骨格となる仕様書や設計図などを作成すると同時に、作品の世界観やシナリオ、演出などの考案も行います。

ゲームプランナーの仕事

シナリオライター

ゲームの筋書きやキャラクターのセリフなど、シナリオを作成する仕事です。プランナーが兼任することもしばしばあります。

ゲームシナリオライターの仕事

デザイナー

ゲームの企画や世界観を基に、キャラクターや背景などのグラフィックを描いていきます。

グラフィックデザイナーの仕事

サウンドクリエイター

ゲームの音楽や効果音など、作品で流す「音」を作っていきます。

サウンドクリエイターの仕事

プログラマー

ゲームを面白くするためのアイデアや、デザイナーが作るグラフィック、サウンドクリエイターが作るサウンドなどを、ゲームとして実際に動くようにプログラムを組みます。

ゲームプログラマーの仕事

デバッガー

開発中や、開発が終わったゲームをテストプレイし、問題がないかチェックする仕事です。

ゲームが面白いものになっているかという点と、ゲームが仕様書通りに作られているか、バグが発生しないかといった点の両方を確認します。