ゲーム制作会社社員の志望動機・面接

明確な志望動機が必要

ゲーム制作会社を志望する人のほとんどは、「ゲームが好き」「大好きなゲームに関わる仕事がしたい」と強く考えています。

ゲームに対する思い入れや情熱があることは、ゲーム制作会社での仕事に就くうえでも重要なポイントだといえるでしょう。

これまでに感動した、あるいは影響を受けたゲーム作品があり、そこで感じた思いが志望動機の原点になっている人は多いようです。

ただし、ゲーム制作会社を志望するうえでしっかりと考えておきたいのは、これからはいち「ユーザー」としてではなく、「作り手」になる覚悟があるかということです。

作り手は、常にユーザーのことを考えていなくてはなりません。どうすれば面白い作品ができるのかということはもちろん、作品をスケジュール通りに完成させるために、時には残業や休日出勤をしても対応しなくてはならないのです。

だからこそ、単純に「ゲームが好き」という気持ちだけでなく、ゲーム制作を通じて世の中に何を伝えたいのか、どのような仕事をしていきたいのかといった将来のビジョンまで語れるようにするとよいでしょう。

面接の心構え

新卒や未経験者の場合、企業はたいてい、即戦力としての活躍は期待していません。

長い目で見て、どれだけ会社に貢献できる人材になってくれるかということを重視して合否を判断するため、「とにかく本気で仕事に取り組んでいきたい」という前向きな気持ちをアピールすることが大切です。

なお、ゲーム制作の現場は過酷な状況に置かれることも多いため、「残業が多いが大丈夫か」といった、あえて厳しいと思えるような質問を面接で投げかけられることがあります。

それは「ゲーム制作にかける熱意が本物であるか」ということを判断するための問いかけである場合が多いため、自分の考えをまっすぐに伝えられるようにしたいものです。

また、プログラマーなど職種によっては、これまでにゲーム制作に関連するどのような勉強をしてきたのか、ということを聞かれることもあります。

高いスキルや専門知識は持っていなくても、事前に業界や企業について研究しておくことと、自分なりにできる限りで勉強しておくと好印象になるでしょう。