ゲーム制作会社社員の給料・年収

平均年収

ゲーム制作会社に勤めている人の平均年収は、400万円~500万円台程度といわれています。

ただし、日本におけるゲーム制作会社の数はとても多く、給料については会社の規模や、その人自身の経験、スキルなどによってもだいぶ差が出てくるようです。

全体としては、ゲームの企画から開発・販売までを行うゲームメーカーよりは、メーカーの下請けとして開発を行う制作会社のほうが給与水準は低めとされています。

なお、職種によっても給料には違いが出やすく、プログラマーなどの開発職よりは、現場をまとめるディレクターや企画職であるプランナーなどのほうが給料が高いケースが目立ちます。

ただし、ゲーム制作は実力主義の面もあるため、職種問わずスキルアップすることで給料アップが期待できます。

また、近年はスマートフォン向けのソーシャルゲームを制作するベンチャー系の開発会社も増えており、大ヒットゲームを次々と生み出すようになると、給料が一気に上がることも考えられます。

一概にはいえませんが、クリエイターとしてゲーム制作会社で働く場合、実力次第で大きな収入を得ることも可能です。

福利厚生や待遇についてもよく確認を

一口にゲーム制作会社といっても、それなりに規模が大きく、大手ゲームメーカーのビッグタイトル開発を請け負うような有名な企業もあれば、ほんの社員数名の零細企業までさまざまです。

決して企業の規模だけで決まるわけではないものの、総じて規模の小さな企業ではあまり待遇が充実しておらず、実際、各種保険の整備や福利厚生がきちんとしていないケースがあるようです。

いつでも納期に追われるゲーム制作の仕事は、かかるプレッシャーも大きく、体力的にもハードで激務といえる日々を送ることにもなりがちです。

就職先を探すときには、給料だけでなく、社内制度や福利厚生面まで含めて働きやすい環境かどうかということを確認しておいたほうがよいでしょう。