ゲーム制作会社社員の就職、求人、採用の状況

プログラマーの求人は多い

ゲーム業界は人気が高い業界である一方、人手不足になりがちといわれています。

その理由はいくつか考えられますが、ひとつは実力主義の面が大きいため、企業が求めるレベルに見合う人材がなかなか集まりにくいことがあります。

とくにプログラマーなどの開発職は専門的な要素が強く、一部の能力がある人に重要な仕事が回ってきたり、良い待遇で採用されたりしやすくなっています。

もちろん、新卒や未経験者の採用も行われていますが、最初は下積みのような地道な作業も多く、そこで理想と現実のギャップに悩んで仕事を辞めてしまう人も少なくないようです。

また、ゲーム制作会社は小規模の企業も多く、職場によっては過酷な労働環境となっているところもあるようです。

なかには規模が大きかったり知名度が高かったりする制作会社もありますが、概してそういった企業には応募者が殺到するため、採用試験の倍率は相当高くなることも珍しくありません。

なお、中小規模の制作会社の場合、定期的な採用試験を行っているとは限りません。人材が不足した際に不定期で募集をかけたり、あるいは作品の持ち込みは随時受け付けていたりするところもあります。

また、求人が出ていなくても、志望者側から連絡をすることで面接をしてもらえることもあるようです。

「憧れ」だけでの就職は厳しい

ゲーム制作の仕事は、どうしても「好き」が前面に出がちですが、その点については企業側も慎重に採用を行っています。

もちろん「好き」は大事なことですが、それだけでは制作の仕事は務まりません。

納期に追われるなか残業や休日出勤をしなくてはならないこともありますし、度重なる仕様変更への対応や他スタッフとの連携など、コミュニケーション能力や精神力の強さも重視されます。

最近はソーシャルゲームが大きく伸びているため、ソーシャルゲームを制作する会社の求人はだいぶ増えているようです。

しかし、どの企業で務めるにしても技術力は必須となりますし、流れの速い世界だからこそ、常に新しい知識や技術を身につけようとする姿勢が不可欠です。

そうした熱意が企業に伝わらないと、就職を実現することは難しいといえるでしょう。