ゲーム制作会社社員に必要な資格、スキル

資格がなくても就職できる

ゲーム制作会社に就職するにあたって、特別に何か資格が求められることはほとんどありません。

開発職については専門的なスキルが必要になってくるため、ゲーム関連の専門学校で基礎を一通り学んでから就職する人も多くいますが、独学で技術を身につけて就職を果たしている人もいます。

ゲーム制作会社では、たとえ数多くの資格を持っていたとしても、それだけで就職が有利になるというわけではありません。何よりも、ゲーム制作に対する熱意や思い入れ、向上心などが重視されます。

ここでは、そのような考え方を前提としたうえで、仕事をするうえで求められるスキルや役立つ資格の一例について紹介します。

職種によって必要なスキルは異なる

ゲーム制作会社では、プログラムを組む人、デザインを作る人、BGMを作る人、シナリオを考える人など、さまざまな職種の人が活躍しています。

それぞれ異なる得意分野を持った専門スタッフたちが分業制で仕事をしていくため、職種によって求められるスキルは異なります。

また、先に述べた通り資格はさほど重視されませんが、職種によって業務上役立たせることができる資格も異なります。

プログラマー

プログラミング言語の知識が必要になります。

資格は、基礎的なものとして「ITパスポート」や「基本情報技術者」の資格は持っておくとよいでしょう。

また、場合によっては英語で書かれた仕様書を読んだり、海外のゲーム作品をリサーチしたりすることもあるため、英語力もあって困ることはありません。

ゲームプログラマーの仕事

グラフィックデザイナー

デザインの技術やセンス、色彩感覚に加え、3DCGソフトや画像処理ソフトが扱えることが必須になります。

関連資格として「Photoshopクリエイター」や「Illustrator」クリエイターなどがあります。

グラフィックデザイナーの仕事

サウンドクリエイター

楽譜の読み書きや作曲能力など、音楽の専門的知識が求められます。

また、パソコン上で作曲することになるため、DTM技術をはじめデジタル音楽関連の技術・知識も必須になってきます。

サウンドクリエイターの仕事