ゲーム制作会社社員として働くには(大学・学歴・学部など)

専門学校卒以上の学歴が求められるケースが多い

大手企業が中心のゲームメーカーに対して、ゲーム制作会社はゲームメーカー出身者が独立して立ち上げた会社など、比較的小規模の会社が多くなっています。

そのため、各社で定期的な採用を行っているとは限りませんが、学歴については一般的に「専門学校卒以上」であることが応募条件になるケースが多いようです。

大学を出ていなくても、ゲーム制作会社で働くことは可能です。

とくにプログラマーやグラフィックデザイナーなどの「開発職」については、大卒の学歴が求められるケースはあまり多くありません。

専門的な知識やスキルが必要になることから、ゲーム制作に関連する専門学校で学んだ後に就職する、という人が大半です。

大手や職種によっては大卒が条件になることも

ただし、ゲーム制作会社でも大手の場合には、まれに「大卒以上」の学歴が必要とされることがあります。その場合、学部や学科が問われることは普通ありません。

また開発職ではなく、プランナーやディレクターなどの「企画職」を目指す場合は、大卒であるほうが有利になるという声も聞かれます。

さらに、総務や人事、広報といった管理系の職種に就きたい場合には、大卒の学歴が求められることも比較的多くあります。

しかし、この業界では学歴や専門知識以上に、ゲーム制作に対しての熱意や思い入れ、努力する姿勢、そしてセンスや企画力、発想力などが問われる傾向にあります。

とはいえ、応募条件を満たしていなければ採用されることは難しいため、志望する制作会社がある場合には、早い段階で必要な学歴などを確認しておくとよいでしょう。

専門学校では学ぶべき?

ゲーム制作会社社員になるために、絶対にゲームの専門学校で学んでいなくてはならないというわけではありません。

ただし、技術者な要素の強い開発職志望の場合は、プログラミング経験やデッサン力などが合否を左右することもあります。

その他の職種を志望する場合でも、専門学校ではゲーム制作の流れや業界について基礎から学ぶことができるため、知識を得ておくうえでは決して無駄にならないでしょう。

ただし、ゲームクリエイターは独学でなることも不可能ではなく、実際に自分自身でプログラミングを学び、作品をつくっていく中でスキルアップしている人も大勢います。

ゲーム制作会社に自分の企画や作品を持ち込みをして、評価されることで声をかけてもらえるケースもあるようです。