ゲーム制作会社社員の勤務・労働時間・休日・残業

勤務・労働時間

ゲーム制作会社やゲームメーカーといったゲーム制作の現場は、時期によって仕事の量や忙しさの波が激しいため、「フレックスタイム制」や「裁量労働制」が設定されていることが多いです。

なかには他の業界・業種の企業と同様に勤務時間が決められていることもありますが、その場合は「10時始業、19時終業」など朝がゆっくり目であることが目立ちます。

また、職種によって勤務時間が異なるケースもよくあります。たとえば、プロデューサーやディレクターになると裁量労働制で働く人が多く、その日の仕事の状況に応じて自分で勤務時間を決めることができます。

勤務時間については比較的、柔軟な考え方がなされていることが、ゲーム業界の企業の特徴だといえるでしょう。

休日

多くの企業で土日祝日が休みの「週休2日制」を採用しています。

平常時は休みをきちんととることができますが、納期前や制作スケジュールの変更、バグ発生などのトラブルが発生した場合には、休日出勤をして対応しなくてはならないこともあります。

一つの作品が完成し、次の作品にとりかかるまでに時間があれば、有給休暇などを使って連休を取得することもできます。

残業

先に挙げた通り、ゲーム制作の現場は忙しい時期とそうでない時期の差が激しく、またタイトなスケジュールのなかで常に「納期」を意識して作業をすることが多いため、そもそも「残業」という考え方があまり根付いていないこともあるようです。

もちろん、定時を過ぎても仕事をする場合には残業という扱いになりますが、納期前になれば、深夜遅くまでの作業や泊まり込みが当たり前という雰囲気があるのも事実です。

ただし、最近は社員の健康問題などの理由から、できるだけ残業を減らそうという動きが出てきています。

職場によってはあまり残業をせずに帰れるところもありますが、制作にトラブルはつきものですし、残業ほぼなしの状態で働き続けることは難しいといえます。