女性のゲーム制作会社社員

ゲーム業界は男性中心?

ゲーム制作会社をはじめとするゲーム業界は、昔から女性よりも男性のほうがずっと多い世界といわれています。

とくにゲームクリエイターとなると、職場によってはほぼ全ての社員が男性ということも珍しくありません。

しかし、ゲームは老若男女どのような人でも楽しめる娯楽のひとつであり、女性がゲーム制作会社で働くことを目指しても、何ら不思議ではありません。

実際、数はさほど多くありませんが、ゲーム制作会社で活躍している女性ディレクターやプランナー、プログラマー、デザイナーなどもいます。

とくに近年はソーシャルゲームが普及し、女性が以前にも増して気軽にゲームを楽しめる時代がやってきているといえます。

女性をターゲットにしたゲーム作品も増えていることから、女性クリエイターの感性や視点が求められる機会も増えているといえるでしょう。

仕事はハードな側面も

しかし、これは女性に限ったことではありませんが、「ゲーム制作は楽しそう!」という憧れの気持ちだけでゲーム業界に入ると、思わぬ苦労を感じることになるかもしれません。

というのも、ゲーム制作は常に納期との戦いであり、タイトなスケジュールで作業を進めなくてはならないケースが多いからです。場合によっては、長時間の残業や休日出勤、徹夜もしなくてはなりません。

どのような仕事も必ず苦労がありますが、ゲーム制作の仕事はそうした意味で体力を必要とします。

女性がさらに活躍できる業界へ

もし、女性が将来的に結婚や出産、家族の介護などをすることになれば、仕事と家庭の両立で悩む時がくるかもしれません。

その際、もともと女性社員の数が圧倒的に少ない会社に勤めている場合、あまり育児や介護に関する制度が整っていなかったり、女性の先輩社員に相談にのってもらうことができなかったりと、苦労を実感するかもしれません。

そんな時には、もっと働きやすい会社に転職をするというのもひとつの手ですが、どうすれば女性がもっと活躍できるかという点は、ゲーム業界が抱える課題でもあります。

最近は経験を積んで管理職に就く人など女性の活躍も目立ち始めていますが、もし女性がゲーム業界で生きていくことを選んだのならば、自分自身で道を切り開いていく気概も必要になってくるでしょう。