ゲームプログラマーの志望動機・例文

志望動機は「感動を伝える」

ゲーム業界に足を踏み入れようと思った方というのは少なからず「好きなゲーム」というのがあるかと思います。

中には、ゲームに全く興味がないけどゲームプログラマーになりたいという稀なケースも事実としてありますが、ほとんどがゲームが好きで自分でも作ってみたいとやる気に満ち溢れている方ばかりです。

やる気とゲーム好きは当たり前のことなので、志望動機としては最低限のレベルということを理解しておきましょう。

ですので、好きなゲームについて何に感動し、その感動がどのようにゲームプログラマーの道を選ぶことにつながったのか、どうしてその企業でなければいけないのか、という熱い気持ちを伝えることが重要になってきます。

ゲーム好きとゲームプログラマー

志望動機としてゲーム好きをアピールするのは問題ありませんが、ゲームをたくさんプレイしてきたかと言ってゲームプログラマーが務まるわけではありません。

ゲームに関する知識が豊富なだけであり、その知識はゲーム業界で働く身になれば「当たり前」のことです。ですので「ゲームをたくさんプレイしたので間違いなく御社の役に立つ」というロジックは、企業側からすればため息が出るだけなので避けたい表現ではあります。

志望動機の例文

私は小さなころからゲームが大好きで、多くのゲームをプレイしてきました。中でも○○○は非常に面白く感じ時間の経過を忘れてしまうほど没頭したゲームです。そんな素晴らしいゲームを開発した御社でゲームを作りたいと思った次第です。

さらには、そのゲームをどのような方々が、どのような形でゲームを開発したのかに興味を持ちました。このようなことを考えるうちに自然とゲームプログラマーという職種になろうと決めた次第です。

また、私がどれだけ貢献できるか?を挑戦したいと思いがありました。御社の社風である「挑戦」ということに通ずるものがあると感じ、勝手ながら運命さえ感じ志望しました。