ゲームプログラマー今井 雄貴さん

1992年3月26日、東京都生まれ。高校在学時にゲーム制作の仕事を志し、卒業後、HAL東京ゲーム4年制学科 ゲーム制作コース入学。2014年4月、株式会社エイチーム入社。エンターテインメント事業本部所属(2018年7月現在)。

HP:株式会社エイチーム

今井さんがゲーム業界を目指したきっかけを教えてください。

小学生の頃からゲームが好きでした。当時発売された『ゼルダの伝説』シリーズを遊んで、「ゲームって何て面白いんだろう!」とワクワクして。そんな原体験の上に高校生になって進路を考えたとき、自分が将来やりたいことは人を楽しませるエンターテインメントの仕事だと気づきました。

エンターテインメントにもいろいろありますが、僕の場合、自分で遊んで最も感動を得られるものがゲームだったということから、ゲーム業界に進むことを決めました。

最初からゲームプログラマー志望だったのですか?

もともと僕は、あまりPCに強い人間ではなくて。最初はプランナーなど企画系の職種をイメージしていました。でも、専門学校に進学してから初めてプログラムに触れて、システムがなければゲームは完成しない、システムあってこそのゲームなのだということに気付きました。

僕は自分の手でゲームを作りたい気持ちが強かったので、ゲームプログラマーが最も向いているのではないかと思いました。

ゲームの専門学校では、どのような勉強をしていましたか?

HAL東京という専門学校で4年間学びました。

入学時はプログラミングの知識もスキルもまったくなかったので、最初は英語を学んでいるのだろうかと思ってしまうくらい、ちんぷんかんぷんでしたね(笑)1年目はきつかったです。

でも、こういう風にコードを書けばこう動く、というのが少しずつ理解できてくると急に楽しくなりました。授業以外の時間にも、自主的に作品を作ってスキルアップに努めていました。

就職活動ではどんな企業を見ていきましたか?

最近のゲーム業界は、大きく分けて「コンシューマーゲーム」と「モバイルゲーム」を作る会社が存在します。

前者は、たとえばPS4やニンテンドースイッチのような家庭用ゲームで遊ぶもの。

後者は、おもにFacebookやGREEのようなSNSをプラットフォームとして展開するものが主流でしたが、現在はAndoidやiOSなどモバイル向けのゲームで、今はスマホで遊ぶ人が多いです。

僕が今働いているエイチームも、このモバイルゲームを作っている会社です。

ただ、就職活動ではコンシューマーゲームの会社も受けていて、大手メーカーの内定がいよいよ出るというところまで進んでいたのですが、最終的にはモバイルゲームの道に進むことを決めました。

モバイルゲーム業界に決めた理由は何だったのですか?

ひとつは、モバイルゲーム市場の成長性に魅力を感じたことです。

この市場はスマートフォンの普及で急速に伸びていて、僕が就職活動をしていた当時すでにコンシューマーゲームの市場規模を抜いていました。

ですので、モバイルゲームは今後もっとたくさんのユーザーに遊んでもらえる可能性があると考えました。

もうひとつは、モバイルゲームの会社は弊社も含めてベンチャー企業が多く、若い人にチャンスが多いと考えたことです。

コンシューマーゲームは歴史がある分、名だたるベテランクリエイターの方々もまだ第一線で活躍しています。

そうなると、歴史の新しいモバイルゲーム業界のほうが、若手が関われる部分がたくさんあるように思いました。