ゲームクリエイターの役割

ゲームを作る人の総称

私たちが日々遊ぶゲーム作品は、実にたくさんのプロフェッショナルたちが集結して作られています。

ゲームの企画を立てる人、キャラクターや背景の絵を描く人、BGMや効果音を作る人…。大きな作品になればなるほど、そこに関わるスタッフの数も多くなり、制作期間は長くなることが一般的です。

「ゲームクリエイター」とは一般的に、こうした「ゲームを作る人たち」のことを総称して使われます。

つまり、グラフィックデザイナーも、サウンドクリエイターも、ディレクターも、みんなゲームクリエイター。

それぞれが、自分の得意分野に基づいた役割を持ち、チームワークを存分に発揮しながら、一つの作品を完成させるために全力を尽くしていきます。

職種によって役割が異なる

このように、ゲームクリエイターそのものの役割はゲームを作ることですが、もっと細かく見ていけば、職種によって担う役割は異なります。

まず、ゲーム制作は大きく「企画」と「開発」の2つの部隊に分けることができます。

最初に動くのは企画部隊です。

どれくらいの予算の下、どのようなゲームを作るのか。どの部門に、どのスタッフを配置するのか。どんなストーリーやシステムにするのか…など、ゲームを作るうえでは、さまざまなことを考えなくてはなりません。

企画部隊となるプロデューサーやディレクター、プランナーなどは、あらゆるアイデアを出し合いながら、企画書や仕様書に落とし込んでいきます。

企画が固まったら、次は開発部隊が動き出します。

キャラクターの絵を描くグラフィックデザイナー、音楽を作るサウンドクリエイター、そして絵や音楽など、あらゆる要素をゲーム内に落とし込むためにプログラミングを行うプログラマーなどが活躍し、最終的にゲームは完成へと向かっていきます。

一人のクリエイターがディレクターとデザイナーを兼務するようなこともありますが、一般的には分業し、一人ひとりが自らの役割を果たしながら、チームで作品づくりを行っていきます。

仕事体験談