ゲームクリエイターの給料・年収

給料は企業や実力によって大きく異なる

ゲームクリエイターの給料は、勤務先となる会社の規模や職種、役職、経験などによって大きな差が出てきます。

ゲームメーカーやゲームソフト開発会社の規模はさまざまですが、大手になればなるほど、給料や待遇面は恵まれている傾向にあるようです。

某大手ゲームメーカーの場合、初任給の基本給は16万円~20万円程度(学歴によって異なる)となっており、ここに住宅手当が加算されると、月に19万円~23万円程度が支給されているようです(首都圏に勤務する場合)。

正社員として働く一般的なゲームクリエイターの場合、平均年収は300万円~600万円程度が相場ですが、トップクリエイターになると年収1000万円以上を稼ぐ人もいます。

新人のうちは、そこまで多くの収入が得られることはそう多くありませんが、実績やスキル次第で一気に収入アップを実現することも可能です。

待遇

正社員として会社に勤める場合は、健康保険、厚生年金保険、雇用保険などの社会保険が整っていることが多いです。

また、大手企業であれば、福利厚生として社員持株会制度や社員寮なども完備されています。

ただし、待遇面も企業によってだいぶ異なるのが実情であり、休暇制度や福利厚生があまり充実していないなど労働環境に不満を持ち、退職してしまう人もいるようです。

とくに、小さな開発会社のなかには激務の割に給与や待遇面が充実しておらず、非常に過酷な環境で働かなくてはならないところもあるようです。

ゲームクリエイターは、つねに納期に追われるなどハードな仕事であるため、どれだけ仕事が好きであっても、あまりに待遇がよくない環境で長年働き続けるのは大変かもしれません。

残業代は出る?

ゲームクリエイターの仕事は、残業も多くなりがちです。

また、バグが発生したり、納期に間に合わないなどのことが起これば、休日出勤しなければならないこともあります。

そのような仕事だからこそ、残業代の支給や休日出勤に関する手当があるかどうかは重要なポイントです。

多くの企業では、「時間外勤務手当」といったような形で何かしらの手当を用意していますが、裁量労働制を採用する会社などでは状況が異なり、残業代が出ないことが当たり前となっているような会社もあります。

待遇がよい会社で働きたいのであれば、就職前にしっかりと確認しておくことが必要です。

仕事体験談