未経験からゲームクリエイターになるには

ゲームが大好きで、ユーザーとして遊んでいるうちに「自分も作り手になりたい」と、ゲームクリエイターに憧れを抱く人は少なくないようです。

未経験からゲームクリエイターを目指す場合、いったいどのような道をたどっていけばよいのでしょうか。

ここでは、ゲーム制作の経験がない人が、ゲームクリエイターになる方法の一つを紹介します。

学校に通う必要はある?

ゲームクリエイターになるために、絶対に通わなければならない学校というものはありません。

類まれなるセンスを持っていれば、たとえ独学であろうとゲームコンテストなどに応募し、業界関係者から才能を見出される可能性はあります。

ただし、それほどの才能がある人はめったにいないため、多くの人はゲーム関連の専門学校などに通ってスキルを身に付けてから就職を目指します。

また、一言でゲームクリエイターといっても、現場では企画を立てる人、キャラクターの絵を描く人、音楽を作る人…といったように、さまざまなプロフェッショナルが活躍しています。

役割によって求められるスキルは異なるため、まずはクリエイターとして、自分がどのような仕事をしたいのかを考えることが必要になってきます。

たとえば、グラフィックデザインの仕事をしたいのであれば、デッサン力は必ず求められます。サウンドクリエイターを目指すのであれば、音楽に関わる知識が必要になってきます。

就職先を探す

ゲームクリエイターの就職先は、主に「ゲームメーカー」と「ゲームソフト開発会社」の2種類に分けられます。開発会社は、メーカーから仕事の依頼を受けて開発を進める役割を担っています。

ゲームは、作品によってはかなりのボリュームとなるものもあるため、グラフィック専門、音楽専門、といったように、いくつかの会社が分業して開発することもあります。

なお、ゲームクリエイターは学歴不問のことも多いものの、大手ゲームメーカーになると「大学卒」の学歴が求められることもあるため、注意が必要です。

大手であれば、若手の新人を雇って自社で経験を積ませながら育てるという方法もとられていますが、どの現場も非常に多忙であるため、即戦力になれる人が重宝される業界であることも確かです。

たとえアルバイトであっても、ゲーム開発の現場で働いた経験を持っていたり、専門学校で学びながら自ら作品を作った経験がある人などは、採用時に優遇されることもあります。

仕事体験談