高卒からゲームクリエイターになるには

高卒からの就職は厳しい

ゲーム業界は、他の業界と比べても、そこまで学歴が重視されるわけではありません。

たとえ高卒であっても、ゲームクリエイターになってゲーム制作現場の第一線で活躍することは可能です。

しかし、ゲームメーカーなどの企業では、大卒や専門学校を出ている人が多く採用されていることは事実です。

とくに大手企業では大卒であることが応募資格になっているところもあり、高卒では就職すら難しいということもあります。

高卒からゲームクリエイターを目指すには

高卒の人がゲームクリエイターを目指す方法はいくつか考えられます。

ゲームクリエイターのなかでもプログラマーやデザイナーといった開発に携わる仕事の場合は、スキルが重視される傾向が強いです。

独学であっても、プログラミングやデザインのセンスや技術を身につけていたり、作品を見せることができれば、大きく評価されることがあります。

逆に、どれだけ専門学校で学んでいようと、知識や技術がなければ採用されないことも多々あるため、学歴が低い人にもチャンスはあるといえます。

また、自分でゲーム作品を作ってコンテストに応募して受賞し、そこからゲーム業界に入り込んでいくという方法もあります。

最近ではスマートフォンのゲームも普及し、昔よりも一般の人がゲーム制作をしやすい環境が整っています。

本気でゲームクリエイターになりたい気持ちがあれば、高卒や独学でもゲームクリエイターを目指していくことは可能です。

アルバイトから業界に入る

ゲームメーカーや開発会社では、アルバイトを求めるところも多くあります。

アルバイトの場合、任せられるのは社員のサポート的な業務が中心であったり、未経験であれば雑用のようなことからのスタートになるかもしれません。

しかし、経験を積んでいけば、あとは本人の意欲次第でゲームの企画やプログラミングにも携わることができます。

ゲーム業界は経験も重視されやすく、たとえアルバイトでもゲーム制作の経験を持っていれば、その後の就職・転職活動時のアピールポイントになるでしょう。