ゲームクリエイター田部井 弘貴さん

1992年2月5日、栃木県生まれ、神奈川県育ち。中学2年生でゲーム業界へ進むことを決め、高校卒業後、HAL東京 ゲーム4年制学科 ゲーム制作コースへ進学。2014年4月、株式会社スクウェア・エニックス入社。第1ビジネス・ディビジョン所属(2018年7月現在)。

HP:株式会社スクウェア・エニックス

田部井さんが、ゲーム業界を目指したきっかけを教えてください。

ゲーム業界に進もうと決めた時期は中学2年生です。

進学先を決めるにあたって、「自分が将来なりたいものは何だろう? 飽きずに働き続けられる仕事は何だろう?」と考えたら、大好きなゲームの仕事だな、と。

ちょうどその当時、以前から遊んでいた大好きなゲームの新作が面白く感じられないという出来事があったんです。

すごく残念だったと同時に、「それなら自分で面白いゲームを作ってみたい!」と思ったのが、ゲーム業界を意識したきっかけでした。

でも、そのときは決して格好いいことを考えていたわけでなくて、自分が遊びたいと思えるゲームがなくなってしまったら困ると思っていました(笑)

そこから、どのようにゲーム業界を目指していったのですか?

高校は普通科に進学しましたが、入学直後からその先のことを考えて、ゲームの専門学校を探していました。

当時は高校の勉強よりも、早くゲームに関する勉強がしたくてたまらなかったです。

専門学校について調べているうちに、HAL東京のことをCMで知って。

まだゲーム作りについて何もわからない状態だったので、基礎からみっちりと学べそうな学校だと思って、進学を決めました。

専門学校では、どのような勉強をしていましたか?

プランナーを目指してはいたのですが、HALではゲームプログラミングを中心に学びました。

プログラミング言語の基礎の基礎から、とにかく「ゲームを作る」ということを徹底的に勉強していきました。

授業時間外にも学校の友達と集まりながら、ゲームを作る練習をしていました。

また、学生団体に入ってリーダー役を務めたり、アルバイトもやっていたりしました。

時間に追われてはいましたが、友人もたくさんできて充実した4年間でした。

ゲームを作る仕事のなかでも、ゲームプランナーになりたいと考えたのはなぜですか?


最初にお話した通り、僕がゲームの仕事をしたいと思ったきっかけは「面白いゲームを作りたい」という気持ちでした。

プランナーは「こういうゲームにしたい」という提案ができる仕事なので、最初からプランナー志望だったんです。

ただ、ゲーム業界のなかでもプランナーとしての就職はとくに狭き門。

万が一、就職活動がうまくいかず、ゲームを作る仕事に就けないことだけは絶対に避けたかったので、まずはプログラミングをしっかりと勉強して、自分の強みを持っておこうと考えていました。

ちなみに、弊社以外の採用試験はプログラマー職の枠で受験して、いくつか内定をもらいましたが、第一志望だった弊社にプランナーとして入社することができました。

就職活動が成功した理由はどこにあると思いますか?

プランナーは、プログラマーやデザイナーに対して「こういうことを実現させたい」とお願いする役割をもっています。

そこでは専門知識が必要な場面も多々あるのですが、僕は自分がプログラムをやっていた分、プログラマーに対して話がしやすいという強みがありました。

もちろん、「プログラムの知識」といっても幅広いので、上を見ていけばきりがありませんが、僕は就職活動の時点で単純なゲームを作れるくらいのスキルを身につけていたので、そこが評価されたのではないかと思っています。

専門学校に入学したときからスクウェア・エニックスに入ることを目標にしていたので、内定をもらえた瞬間は本当にうれしかったです。