ゲームクリエイターの1日

ゲームクリエイターは、毎日どのような生活を送っているのでしょうか。

もちろん、勤める会社や人によっても異なりますし、その時期の仕事の忙しさ、部署などによっても異なりますが、ここでは、あるクリエイターの1日の過ごし方を例に挙げて紹介していきます。

ゲームメーカーで働くゲームクリエイターのある1日

8:00 起床

朝はゆっくり目のスタート。

朝食を食べながらテレビの情報番組を見たり、インターネットのニュース記事を読み、世の中の動きをチェックします。

09:45 出社

お客さまと会う職種でない限り、通勤時の服装は自由。

若い仲間が多いので、フランクに声をかけあって当日のスケジュールを確認したり、メールチェックをします。

10:00 企画会議

新しいゲーム作品の企画会議に参加します。

普段はディレクターとグラフィックデザイナーを兼務しているため、プロデューサーやプランナーたちと企画のアイデアを出し合いながら、絵の方向性についても同時に構想を練っていきます。

12:00 ランチ

人によって1日のスケジュールが異なるため、ランチの時間は自由です。

業務の合間をぬって同僚と外に食べに行くこともありますが、ものすごく忙しい日は、仕事をしながらコンビニで買ったおにぎりやパンを食べることも。

13:00 キャラクターデザイン

現在進行中のプロジェクトのキャラクターを描いていきます。

作業の途中で修正依頼が入ることもあるため、優先順位をつけながら、同時並行でいくつもの仕事をこなしていきます。

15:00 小休憩

頭が疲れてくると効率が落ちるため、できるだけこまめに休憩をとるように心がけます。

同僚と雑談をしたり、甘いものを食べたり、少し散歩をしながら、リフレッシュ。

16:00 ミーティング

プログラマーとミーティングを行い、すでに完成したプログラムに細かな修正を入れてもらいます。

この業界は午後から稼働する人も多く、夕方以降にミーティングが入ることも多いです。

19:00 小休憩

近所のコンビニに出かけて夕食を買い込みます。食べながらもうひとがんばり。納期が近いデザイン作業をできるだけ前倒しで進めていきます。

21:00 退社

この日は大きなトラブルもなく終えることができました。まだ仕事をしている同僚に声をかけ、先に帰宅します。

納期直前になると深夜まで働くこともあるため、余裕のある日はできるだけ早く帰って休むようにしています。

仕事体験談