派遣のゲームクリエイター

ゲーム業界に特化した派遣会社も

ゲームクリエイターは、多様な雇用形態で働ける仕事です。

正社員としてゲームメーカーや開発会社に勤務することもできますし、契約社員やアルバイトとして、あるいは派遣社員での働き方を選んでいる人もいます。

ゲームクリエイターの需要は大きく、ゲーム業界に特化した派遣サービスを手掛ける企業もあります。

最近では、ゲーム開発におけるすべての作業を社内で完結させることは少なくなってきているとされ、積極的に外注スタッフを使ったり、プロジェクトに応じてスタッフを募集するケースが増えているようです。

こうしたなか、派遣のゲームクリエイターのニーズも高まっているといわれます。

派遣のゲームクリエイターとして働くには

一般的に、派遣のゲームクリエイターとして働きたい人はまず派遣会社に登録をし、条件に見合った案件が紹介されると、ゲーム開発の現場に出向いて仕事をします。

派遣の場合、たいていは即戦力になれる人が求められるため、これまでの経験やスキルをできるだけ細かく伝えるようにしましょう。

ひとことでゲームクリエイターといっても、具体的な職種がプログラマーなのか、デザイナーなのかによって、求められるスキルなどは変わってきます。

派遣の場合、案件ごとに契約期間が決まっているため、最短では3ヵ月ほどで一つの案件が終了することもあります。

派遣をきっかけにステップアップする人も

派遣といっても、単に正社員になれない人が仕方なく派遣として働くというばかりではなく、「自分の力をさまざまな環境で試したい」「より高待遇の職場を求めていきたい」といった理由で、あえて派遣のスタイルを選ぶ人も少なくありません。

派遣からスタートし、気に入った職場があれば、そのまま正社員登用を目指すという例もあります。

また、派遣での勤務をきっかけに、多様な現場でさまざまな経験を積んで、独立を果たすゲームクリエイターも増えつつあるようです。