ゲームクリエイターに学歴は必要?

職種や企業によって求められる学歴が異なる

「ゲームクリエイター」という言葉は、ゲーム制作に携わる人を総称することもあれば、プランナーやディレクターなど、おもに企画職に携わる人のことを指すこともあります。

ゲーム制作にはじつに多くの人が関わっており、おのおのが得意分野で力を発揮しながら分業制で開発が進められます。

そのため、業務内容や職種によって求められるスキルや専門知識が異なり、それによって必要な学歴も変わってきます。

また、ゲームクリエイターの代表的な就職先となるゲームメーカーや開発会社によっても、必要とする学歴の基準は異なります。

大手企業や企画職は大卒者が中心

大手のゲームメーカーや、プロデューサー、ディレクター、プランナーといった企画系の仕事を目指す場合には、大卒の学歴が求められると考えておいたほうがよいでしょう。

誰もが知る有名企業の場合、就職試験の倍率も高くなりがちで、優秀な学生が多数集まってくることも珍しくありません。

一方、開発会社ではゲームメーカーほど学歴が重視されないケースが多いようです。

会社の規模もそこまで大きくないことから即戦力になれる人が求められる傾向が強く、専門学校でゲーム開発について学んでいると有利になるといわれています。

さらに、プログラマーなどの開発職や、グラフィックデザイナーおよびサウンドクリエイターといった専門性を要する職種の採用では、学歴よりもセンスやスキルが重視されやすいです。

独学でもゲームクリエイターになれる?

このように、ゲームクリエイターに学歴が必要かどうかは、どのような職種に就きたいのか、また、どのような企業で働きたいのかによって変わってくるといえます。

学歴がなくてもゲームクリエイターになれる可能性はありますが、志望の職種や企業によっては、大学を出ていないと門前払い状態になってしまうこともあります。

また、なかには独学でゲーム制作について学び、スキルを高めてこの世界に入り込む人もいます。

高い学歴がなくとも、ゲームクリエイターになることを諦める必要はありません。

仕事体験談