独学でゲームクリエイターになれる?

企業や職種によっては可能

ゲームクリエイターになろうとするとき、多くの人は、大学や専門学校で学び、ゲームクリエイターに必要な知識やスキルを身につけようと考えるかもしれません。

しかし、独学でゲームクリエイターになることも可能です。

ゲームクリエイターは、なるために絶対に必要とされる資格があるわけでもなく、企業によっては学歴や学校で勉強してきたこともほとんど問われません。

ただし、ひとことでゲームクリエイターといっても、プログラマーやデザイナーもいれば、プランナーやディレクターなどもいるため、職種によっては就職の際にも専門的な知識やスキルが問われることがあります。

開発職はスキル重視

プログラマーやデザイナーなどの職種の場合、どのような学校で学んだかよりも、スキルが重視される傾向が強くなります。

プログラマーであれば、プログラミング言語を扱える人や、自分で作品を作ったことがある人は評価されるでしょう。

独学でもプログラミング言語を学ぶことは可能ですし、実際に独学で情報技術関連の資格を取得し、プログラマーとしての就職を果たしている人もいます。

デザイナーの場合も、独学でデッサン力を高めたり、PhotoshopやIllustratorで作品作りをすることは可能です。

専門学校などでは、各職種に就くための勉強を効率よく教えてもらえますが、インターネット上に情報はたくさん出ていますし、関連書籍も出ています。

そうしたものを活用して、独学でゲームクリエイターとして働くことは不可能ではありません。

ただし、企業によっては大卒以上の学歴を応募資格に掲げている場合もありますし、プランナーやディレクターなど企画職の場合は、現時点での専門的な知識・スキルというよりも、幅広い見聞や時代の流れを読むセンス、豊かな感性などが重視される傾向にあるようです。

こうしたものは、なかなか独学で身につけるのは難しいかもしれません。

アルバイトから業界に入る

大手ゲームメーカーや名の知れた開発会社は人気が高く、どうしても学歴のある人や、専門学校でスキルを身につけた人が優先的に採用されることも多いようです。

しかし、独学かつ未経験であっても、アルバイトであれば採用のチャンスは格段に広がります。

近年はスマートフォンで楽しむゲームが普及しており、以前よりも多様な企業がゲームクリエイターを求めています。

人手を欲してアルバイトの求人を出す企業も多数あるため、まずはアルバイトとして業界に入り込み、経験やスキルを身につけて、ステップアップを目指していくのもよいでしょう。