文系のゲームクリエイター

文系でもゲームクリエイターになれる?

ゲームクリエイターというと理系のイメージが強いかもしれませんが、じつは文系の人でもおおいに活躍できる仕事です。

ゲームメーカーなどの採用試験において、文系や理系が問われることもほとんどなく、どのような勉強をしてきたい人でもゲームクリエイターになるチャンスを掴むことができます。

学歴や出身校もまちまちであり、このパターンでなくてはゲームクリエイターになれないというものはありません。

職種によって求められるスキルは変わってくる

ゲームクリエイターは、プログラマーやデザイナー、サウンドクリエイターなど専門性を要する仕事のほか、ディレクターやプランナー、シナリオライターなど、作品の企画部分にメインで携っていくような仕事もあります。

とくに企画職の場合は、マーケティングの知識や豊かな発想力、プレゼンテーション能力などが求められ、どちらかというと文系の要素が強いといえます。

一方、プログラミングをする際には、どうしても理系的な頭の使い方をすることも多くなりますが、実際にプログラマーのすべてが理系出身というわけではありません。

ゲームクリエイターの仕事は、いずれも本人の意欲や努力次第で文理問わず携わることができるといえます。

出身学部はあまり関係ない

これから進路を決めるにあたって、大学はどのような学部・学科に進めばいいのか悩む人も少なくないようです。

プログラマーとしての能力をいち早く高め、専門性を深めたいのであれば、情報処理について学べる学部・学科へ進むのもよいでしょう。

あるいは、デザイナーとしての基礎力を高めるために、美術系の大学へ進む人もいます。

専門学校で、ゲーム制作についてみっちりと学ぶ道もあります。

しかし、その選択肢は絶対ではなく、独学でプログラミングを学んだり、デッサン力を磨いたりすることも不可能ではありません。

すでに希望の就職先や職種が決まっている場合には、その会社の採用実績も見ながら、進学先を決定していくとよいでしょう。

仕事体験談