アルバイトのゲームクリエイター

アルバイトとしての仕事内容

ゲームメーカーや開発会社に勤務するゲームクリエイターは、正社員や契約社員などの雇用形態で働くばかりでなく、アルバイトとして仕事をすることもできます。

アルバイトのゲームクリエイターの仕事内容は企業によって異なりますが、ある程度のスキルや知識があれば、新たなゲームソフトの企画に関わったり、仕様設計、グラフィック制作などの重要な業務を任せてもらえます。

未経験者や経験が浅い人の場合には、資料作成やデータ収集など、社員のサポート業務が中心となる場合もあります。

アルバイトのゲームクリエイターになるには

一般的な求人サイトにも、アルバイトとしてのゲームクリエイターの求人はよく掲載されているようです。

また、この業界は人脈で成り立っている要素も強く、ゲーム業界で働く知り合いに声をかけられてアルバイトを始めたという人もいます。

最近ではスマートフォンアプリのゲームも普及していることから、ゲームクリエイターの需要が大きくなっており、アルバイトを募集する企業が増えています。

アルバイトとしてきちんと働き、実績を残していけば、正社員登用されることも珍しくありません。

求められるスキルや経験は?

アルバイトとはいっても、企業や仕事内容、募集職種によっては、経験やスキルが求められることがあります。

たとえばデザイナー志望であれば、「PhotoshopやIllustratorを使用した制作経験が1年以上」、プログラマー志望であれば「JavaやPHPなどのプログラミング経験がある方」といった具合です。

また、スキルチェックのためにポートフォリオの提出を求められたり、プログラミング試験が実施されることもあります。

一方、なかにはまったくの未経験でも意欲さえあれば応募できるところもあるため、経験やスキルがなくても諦める必要はありません。

学歴は正社員になるときほどは問われず、高卒以上であれば応募できる企業が多いようです。