学芸員の役職

さまざまな学芸員のあり方

学芸員というと一般社会の会社員のように激しい出世競争などとは無縁のように思われるかもしれません。確かにノルマや営業といった感じのものはありませんが、役職による業務の違いはあります。それが一般社会で言う「昇進」に近い意味合いを持つこともあります。

博物館などには多数の人が働いていますが、研究を行わず雑務だけの人もいます。一般的な販売やチケット整理、整理や清掃といった軽作業は学芸員がこなすこともありますが、それ専門に雇われてる人もいます。

これは一般職員やパートやアルバイトなどのことが多いです。

学芸員補

研究や博物館特有の仕事内容に関わってくるものに、まず学芸員補があります。これはまだ学芸員の資格を持っていない人や、それを取れる学歴資格などがない人、もしくは資格を取得して採用された人が、いわば見習い期間のような形で正式に合格するまで数年勤めます。

学芸員補の人も勤続年数が長くなると無試験による資格取得などの対象にもなってきます。

役職による階層

階級に似たものとして役職で分けられる場合があります。いわば仕事の中心であったり、管理職的な立場に居ることでの違いです。例えば学芸係長→学芸課長→主任学芸員→学芸部長→館長補佐→副館長といった形です。

しかしこれはそれなりに施設の規模があり、人員も多いところの一つのモデルであって、あらゆる博物館がこのように分類されているわけではありません。

施設によっては独自の名称があったり、館長から途中をとばしてほとんどが職員である場合や、学芸員資格がない叩き上げのベテランが課長クラスにいる場合もあります。

給与の変化

あまり給料が恵まれていないと言われる学芸員も、役職によって変化が出てきます。特に大規模で有名な博物館の館長や上級の役職になると平均年収でも大企業のサラリーマンの管理職並みになってくるそうです。

ただし役職が上になると学識だけでなく、社会的な能力、管理的な能力など人間性も重要になってくることが多いです。このあたりは一般企業と変わりません。