学校事務の仕事内容

学校のあらゆる事務手続きを行う

学校事務は、小学校、中学校、高校、短大、大学、専門学校など、さまざまな種類の学校に勤務し、事務や管理業務を行う仕事です。

細かな仕事内容は勤務先の学校によって異なりますが、たとえば職員の給与計算、各種証明書の発行、施設管理、備品調達、福利厚生、奨学金手続きなど、その業務内容は多岐にわたります。

そのほか、学校説明会や入学試験の準備、新入生の入学手続き等に携わるなど、同じ職場に勤務する教職員たちと連携を図りながら仕事を進めていきます。

担当業務が細かく分かれている場合も

通常、学校事務の職場となる各学校では、複数の事務職員が勤務しています。

学校の規模が大きくなればなるほど職員数も増え、給与担当、人事担当といったように、業務窓口も細かく分けられています。

しかし、小さな学校であれば学校事務として一人のみが配置され、幅広く業務を担当することも珍しくありません。

また、大学で事務に携わる職員の場合、上記に挙げたような管理系の業務のほか、学生の就職をサポートする業務に携わることもあります。

学校事務に求められるスキル

学校運営に裏方として携わる学校事務は、学生や教職員とコミュニケーションをとる機会が多くあります。

そのため、コツコツと確実に仕事をこなす能力に加え、人と上手に接しながら物事を進めていく力が求められます。

また、学校事務は学校の窓口としての役割も担っており、来客者へのマナーや気配りなども身に付けておく必要があります。

この仕事では特別な資格等は求められないケースが大半ですが、経験によってスキルアップできる部分が大きく、ベテランになれば予算配当など学校の支出に関わる重要な仕事を任されるようにもなります。

「事務」という名称がついている職業ではありますが、単純なオフィスワークとも異なります。

教育現場で働く一員であるという責任感を持ち、学校をしっかりと運営していく姿勢が求められます。