学校事務のつらいこと、大変なこと、苦労

業務範囲が幅広いこと

学校事務は、学校を運営していくうえで欠かせない庶務や経理、広報といったとても幅広い業務を任されています。

学校によっては学校事務が一人しか配置されないこともあり、その場合、一人で多様な仕事をこなしていかなくてはなりません。

「事務」というと一見、誰でも簡単にできそうなイメージを持つかもしれませんが、学校事務の仕事は専門性が問われることも多く、日々のスキルアップが重要です。

実力ある学校事務になれば校長や他の教職員からも信頼を寄せられますが、学校行事の前などはとても忙しくなることも多く、決して楽な仕事ではありません。

子どもを守る立場としての責任

学校事務は、教員とは違う立場から、生徒や学生たちの安全と安心を守る責任を抱えています。

学校は本来、子どもたちの可能性を広げていく場であるべきですが、いじめや不登校など、そこで起こりうる問題もさまざまあります。

ときには多感な子どもたちと接することに難しさを感じることもあるかもしれません。大切なのは、普段から子どもの様子をよく見ておき、教職員と連携をとりながら生徒・学生をサポートしていくことです。

学校事務には、教育の現場に携わるプロの一員としての責任感と使命感を持つことが求められるのです。

調整役を引き受ける機会も多い

学校の環境は各校によって異なりますが、そこでの窓口になる学校事務は、生徒・学生と教員、あるいは保護者と教員の「パイプ役」を求められる機会もよくあります。

ときには保護者や外部から直接クレームのようなことを受けたり、複雑な人間関係の間に立って、円滑に物事を進めていかなければならないようなこともあるかもしれません。

調整役は板挟みになることも多く気苦労も多いですが、子どもが安心して学校生活を送れる環境をつくり、充実した教育を提供していくためには、そんな学校事務の裏での活躍が欠かせません。