学校事務の資格・学歴

特別に必要な資格はなし

学校事務として働くために、絶対に必要とされる資格はありません。

自治体ごとに行われる地方公務員採用試験、あるいは各学校が独自に実施する職員採用試験を受けて合格すれば、誰でも学校事務として働くことができます。

ただし、学校事務として働くうえで役に立つであろうスキルはいくつかあります。

たとえば、パソコンのスキルは必須といえます。

書類作成をしたり、資料を基に学校運営について検討していったりする機会が多くあるため、ExcelやWordをある程度きちんと使いこなせる人は歓迎されやすいようです。必須ではありませんが、簿記のスキルも役立つでしょう。

そのほか、学校事務は来客応対なども行うため、ビジネス実務やビジネスマナーについて理解していれば、それらの知識も役立たせることができるはずです。

この仕事では就職時点の資格というよりも、学校事務としての適性があるか、一般常識などを身につけているかといった点が重視されることが多いようです。

求められる学歴、有利な学部は?

学校事務の採用においては、学歴に関しても「不問」とされているケースがしばしば見受けられます。

学校によっては大卒以上の学歴が求められることもあるようですが、大卒でなくても学校事務として働くことは可能です。

なお、公立小・中学校で働くために受験する地方公務員採用試験の「学校事務」区分では、高卒程度の人を対象としたものもあります。

受験資格、年齢制限等は自治体によって異なるため、事前にしっかりと確認しておきましょう。

なお、大学等を出る場合も、学校事務の仕事に就くうえで特別有利になる学部はないといえます。

この仕事では、日々の業務をこなしながら学校運営の実態について学んだり、事務の能力などを高めたりすることが重要になってくるため、文系・理系どの学部の出身者にもチャンスがあります。

まずは採用試験に合格することを目指しましょう。