学校事務の正社員になるには

どのような学校で働くか

学校事務が働く学校は、大きく分けると「公立」「国立」「私立」の3種類があり、どの種類の学校で働きたいかによって、なるための道筋も異なります。

公立学校

公立の学校職員は地方公務員として働いているため、各都道府県が実施する地方公務員採用試験に合格する必要があります。

都道府県によって異なりますが、小・中学校の学校事務の仕事に就く人は「学校事務」「教育事務」などの区分で募集されるのが一般的です。

これらの区分による募集を探して応募することが、公立学校での学校事務になるための第一歩です。

ただし、義務制ではない高校の学校事務は、「学校事務」の区分ではなく「一般行政職」区分の合格者の中から配属となる場合も比較的多いといわれています。

いずれにしても、都道府県によって採用試験の年齢制限や受験区分などが異なるため、各都道府県の受験案内をよく確認しておくことが必要になります。

国立学校

国立の学校事務になるためには、基本的に国立大学法人等職員採用試験に合格する必要があります。

この試験は、北海道、東北、関東甲信越、東海・北陸、近畿、中国・四国、九州の7つの地区ごとに行われており、一次試験に合格すると、二次試験で各地区の大学や高等専門学校を受験することができます。

なお、独立行政法人化した学校に関しては、ほとんどの場合、独自の採用試験を行っています。

私立学校

私立学校の場合、公立や国立のような統一試験はなく、各学校がそれぞれ職員募集の求人を出し、独自の採用試験を行います。

そのため、試験内容もさまざまなものとなっています。一般的には、一般教養や小論文などの筆記試験のほか、適性検査や面接などが行われることが多いようです。

採用人数、採用時期も学校によって異なるため、働きたい学校の職員募集を見つけて、内容をよく確認しましょう。

学歴や資格は必要?

学校事務になるためには、最低でも「高卒」の学歴は必要だといえるでしょう。

たとえば、公立学校で働くために受験が必要な都道府県の地方公務員採用試験では、学校事務の区分において、高卒者を対象とした試験が行われています。

私立学校などでは、受験資格として大卒以上と定めているところもあるため、大卒であれば就職先の選択肢はさらに広がるでしょう(ただし、一部の都道府県では、高卒者のみ「学校事務」区分の試験を受験できる場合もあります)。

学校事務は、特別な資格は求められません。

WordやExcelなどオフィス系ソフトを使いこなせたり、簿記のスキルを持っていたりすれば優遇されることはありますが、資格がなくても採用されるケースも多くあります。