女性の学校事務

女性が多く活躍する仕事

学校事務は、男性も女性も同じように活躍することができますが、他の業界で活躍する事務職と同様、女性の割合は比較的高めの職業だといえるでしょう。

この仕事の特徴として、屋内での業務が中心となるため、体力はほとんど必要ありません。

また、資料作成や予算管理といった几帳面さを要する作業が多いため、コツコツと物事を進めていける女性には適しています。

外部からの問い合わせ対応など「学校の窓口」としての役割も担うため、相手に与える印象というものも重要です。

物腰が柔らかく、他人とコミュニケーションをとりながら物事を進めることが得意な女性であれば、強みを生かして活躍することができるでしょう。

結婚や出産後も働ける?

学校事務として、結婚や出産をしてからも仕事を続けている女性は多くいます。

公立学校に勤務する場合には育児休業を取ることもできるため、家庭も大事にしながら、無理なく働き続けていきやすい職業だといえるでしょう。

私立の学校の場合も、各学校の規定に基づいて休業制度などが設けられていることがほとんどです。

なお、学校事務としての配置は各学校に一人だけというケースもあります。

しかし、たいていの場合、学校事務以外にも女性の職員や教員が働いているため、女性同士で悩みを相談しやすい環境があるはずです。

さまざまな雇用形態で働ける

学校事務は、正規職員として働く以外にも、パートやアルバイト、契約社員、派遣社員などの形で、1日に短時間だけ働くということもできます。

学校事務は多様な雇用形態で募集されているため、どうしても家庭の都合でフルタイム勤務が難しい場合にも、希望の条件で働ける職場はきっと見つかるはずです。

学校事務としてのスキルを持っている人は歓迎されるため、スキルを身につけておけば、もし現場を一度離れたとしても再就職もしやすいでしょう。