学校事務の1日

学校事務の仕事はさまざま

学校事務として働く人たちは、それぞれ「学校」という場所で働くことは共通していても、人によって、あるいは状況によって、庶務、経理、広報など幅広い仕事をこなしています。

仕事の進め方はその日によって異なる場合も多いですが、ここではある1日の過ごし方を例にとって紹介していきます。

公立学校で働く事務職員のある1日

08:00 出勤

出勤したら、出勤簿に出勤印を押します。机回りを整えて仕事の準備に入ります。

08:30 勤務開始

1日は郵便物やメールの処理から始まります。

学校には毎日たくさんの郵便物が届くため、内容をチェックして必要なものとそうでないものに仕分けます。重要な書類は担当の職員に渡していきます。

09:00 打ち合わせ

他の職員とのミーティングを行います。

10:00 請求処理

学校の予算で購入した物品の請求書が届いたため、支払いに必要な手続きを行います。

11:30 消耗品の在庫確認

コピー用紙や掃除道具など、学校で使う消耗品の在庫状況と使用量を確認します。

12:15 昼食

生徒と同じ給食を食べます。

13:00 給与明細の確認

給与日の前になると給与事務所から教職員の給与明細が配布されます。事務職員は誤支給がないことを確認して個人別に分けたうえで封筒に入れます。

14:30 備品の引き渡し

部活動の依頼で注文をしていた備品が届いたため、記録をとったうえで顧問に引き渡します。

15:00 財務業務

学校の予算や支払いなどの財務情報を、パソコンを使ってシステムに入力していきます。間違いがあってはいけないため慎重に進めます。

16:00 問い合わせ、来客対応

学校の窓口として、電話やメールなどで外部から問い合わせを受けることもあります。お客さまが訪問された際は応接室に案内をしてお茶を出します。

17:15 勤務終了

仕事にキリがついていない場合は、残業をして終わらせてから帰宅となることもあります。