画家になったきっかけ (体験談)

絵を描くことに夢中な子ども時代

私は小さいときに体が弱く、いつも家の中で遊んでいました。兄弟もいなかったので、ひとりで絵を描いていたのです。

できた絵を親に見せるとほめられるので、何枚も何枚も描きました。絵の才能があるかもしれない、といわれて絵画教室にも通いはじめます。

学校では美術が得意

小学校に行き始めてからも、絵ばかり描いていました。マンガを読むようになると、少女マンガ風のイラストを描いてみたり、自分で物語を作って絵本を作ってみたりしたこともあります。

授業では図工は得意でしたが、その他の教科は苦手でした。

中学や高校では美術部に入り、油絵の世界に夢中になりました。相変わらず、授業は美術だけが得意でした。数学の時間などはノートに先生の顔をスケッチしたり、文房具の絵を描いたりして授業に身が入りません。

でも、途中から美大に進学したいと思うようになり、受験に必要な勉強もはじめました。

美大に進学

美大といっても、美術科だけでなく、工芸科やデザイン科もあります。高校生のときには、自分が何をしたいのか決められなくて、どの学部に行けばよいか迷いました。

親からは、就職に有利なところにした方が良いといわれたので、デザイン科への進学を決めます。

進学後は、デザインの世界にはまりました。デザインの勉強は楽しく、また親の希望通り、大手企業のデザイン部に就職することもできました。

画家を目指す

就職後は、美大で学んだ知識をいかして商業デザインの仕事を手がけました。やりがいのある仕事でしたが、制約が多い中でデザインばかり考えていると、自由な創作への思いがわきあがるようになってきました。

自分の好きな絵を描きたい、との思いが日増しに強くなり、休みの日にデッサンをしたり、油絵を描いたりするようになりました。

作品がいくつか完成すると、今度は誰かに見せたくなり、コンテストに応募をはじめます。最初は落選ばかりでしたが、次第に入選するようになり、とうとう大賞を受賞しました。

画家として制作に集中したくなり、会社は辞めました。

現在は、毎日作品を制作し、年に一度は個展を開いています。まだ作品の売り上げが少ないので、カルチャーセンターでデッサン教室の講師をしながら生活しています。

デザインの仕事をしたため、画家になるのが遅くなりましたが、回り道したことで視野が広がり、創作の助けにもなっています。

会社員時代よりも収入は減りましたが、自分の好きなことをして暮らしているので、充実しています。