女性の画家

女性は画家に向いているか

画家になるのに適した人、そうでない人はいますが、性別の差はまったく関係ないと言えます。

これまでの画壇の歴史を見れば圧倒的に男性画家の割合が多いですが、その理由として女性は家庭に入り職業を必要としなかったからだと考えることもできます。

それでも、画壇の歴史の中では女性の有名な画家も多く、世界ではフリーダ・カーロやジョージア・オキーフ、日本では上村松園、秋野不矩などがいます。

画家だけでなく近年まで女性が第一線で活躍できる職業は限定されていたイメージがありますが、現在ではどんどん女性も進出していますので、今後、女流画家も多く誕生していくことでしょう。

女性が画家になるには

こちらも男性とまったく変わりません。画家になるためのスキルやセンスを磨き、個展やコンクールで自分の作品をアピールする方法です。

美術大学へ通う女性も多いですし、また近年では結婚を目的とせず、仕事に打ち込みたいという女性も増えていますので、画家を目指す人も多いようです。

性別による作品と収入の違い

男性と女性の画家の絵に違いはあるのかについては、あると言ってもいいでしょう。もちろん一概には言えませんが、男性画家の絵は男性の力強い雰囲気がありますし、女流画家には女性のきめ細やかな印象を作品から受けることが多いです。

また、画家はスキルとセンスが勝負の世界ですので、性別による作品の評価や報酬に対する性別の差はありません。

ただし、画家として仕事をしていくためにはコネクションが必要となるため、男性画家の人数が多い現状においては、やりづらい面もあるかもしれません。

女性の職業として画家は

女性の職業として考えた場合、ある意味で画家は適した仕事であると言えます。定年もありませんし、一生涯続けられる仕事です。

そして、画家は制作場所も限定されませんので、自宅やアトリエで育児をしながら絵を制作している女流画家もいます。