画家とイラストレーターの違い

画家とイラストレーターの違いは?

画家は、自分の描きたいテーマで作品を仕上げ、個展などで作品を売って収入を得ます。肖像画などの依頼を受けて描く場合もありますが、そのような機会はあまり多くはありません。

一方、イラストレーターは、出版社や広告代理店、企業などのクライアントから依頼されて、イラストを制作します。

たとえば、出版社から本に載せるイラストを依頼される場合には、イラストのテーマや大きさ、人物の表情から色の使い方まで、細かく指定されることもあります。

締め切りに間に合うように仕上げ、イラストを納品すれば報酬が得られます。

画家が副業としてイラストを描く

画家の場合、自分の作品が売れなければ、いっさい収入がありません。好きな絵を描いて生活できれば理想的なのですが、作品が売れるようになるまでには時間がかかります。

そのため、本業の作品を制作しながら、副業でイラストレーターとして働く画家もいます。

今の時代は、イラストレーターという職業が確立していますが、昔は多くの画家が本や雑誌のイラストを描いていました。

たとえば、「乳白色の肌」といわれる画風で有名な藤田嗣治は、日本やフランスで書籍のイラストを多数制作していました。

イラストで評価されてから本業に専念する

画家の副業として、イラストレーターの仕事を引き受けた場合、そこから有名になる可能性もあります。

イラストレーターの仕事は、クライアントの指示に従って制作するため、個性は出しにくい分野です。それでも力量のある画家のイラストは完成度が高くなりますので、注目されることがあります。

たとえば、アルフォンス・ミュシャは芝居のポスターを描いて注目を集め、人気画家になりました。

ミュシャの場合は、ポスターやカレンダーなどのイラストで名声と収入を得て経済的に安定してから、自分が本当に描きたかった歴史画の大作を制作しました。

イラストレーターはパソコンスキルが必要

現代のイラストレーターは、デジタルで作業する人が多くなっています。クライアントも、データでの納品を求めてくるケースが増えているため、イラストレーターもそれに対応しなければなりません。

発注から納品まで、メールで行われることも多く、パソコンや画像ソフトが使えないと、イラストの仕事を引き受ける確率は低くなります。

画家が副業としてイラストレーターをする場合には、パソコンのスキルを身につけておく必要があります。