外交官の役割

外交官には、職種や部署別に様々な役割があります。しかし「外交官」という職業としての大きな役割は、大きく以下の3つに分けられます。

代表機能

代表機能とは、日本政府の代表として各国に赴き、日本の国としての意思の表明したり、代表として各種交渉に当たったり、条約の締結を行う役割のことです。

この代表機能を主に果たすのは、いわゆる「キャリア外交官」と呼ばれる国家公務員総合職試験合格者です。

ノンキャリアの外務省専門職員採用試験合格者、一般職試験合格者は、直接相手国との外交に関わることのない仕事をしますが、それでも大使館や領事館に勤務することには変わりありません。

報告機能

報告機能は、合法的ないわゆるスパイ的な役割といってもいいかもしれません。赴任国の事情について、法律の範囲を逸脱しない手段により、さまざまな情報を収集し本国に報告します。

報告機能については、コミュニケーションスキルが非常に求められる役割といえます。

というのも、日頃から赴任先の高官や官僚と信頼関係を築いておくことで、重要情報を必要なタイミングで入手できるからです。

推進機能

推進機能は、赴任国と本国の良好な関係の推進をはかる役割です。官官交流の手はずを整えたり、独立行政法人と協力してODA(政府開発援助)を使用したプロジェクトを押し進めたりします。

また、関係各省や企業と連携し、赴任国における本国についての理解を深めるためのイベントを行うこともあります。

上記の3つとも非常に重要な役割ですが、外交官個人の権限の及ぶ範囲は狭く、あくまでチームプレイを求められるのが一般的な内部事情とのことです。