外交官の仕事内容

海外の国とのより良い関係をめざして

「外交官」とは、その名の通り、海外の国との「外交」を担当する専門家です。

日本の安全や繁栄を確保すること、日本国民の大切な生命や財産を守ること、同時に他国の国民の幸せを追求することが大切な使命となります。

グローバル化が進む社会のなかでは、日本も世界各国との交流が盛んになっており、現在は世界のおよそ200ヶ所に日本の大使館や総領事館、政府代表部などの在外公館があります。

外交官は、こうした在外公館や外務省本省に勤務し、国家間の交渉の先頭に立って、さまざまな業務を行っています。

日本国民の安全を守るために

外交官の仕事のなかで私たちの生活にも身近なものといえば、日本人の海外での安全確保のための仕事でしょう。

海外旅行に行く際に渡航先の治安や災害発生などの状況を「海外安全ホームページ」でチェックする方は多いようですが、こうした現地情報の収集にあたっているのが外交官です。

さらに、実際に旅行者や移住者が外国で事件や事故・自然災害に巻き込まれた時にも、日本人の安否を確認したり、日本にいるご家族に連絡を取ったりします。

ときには外国の政府などと交渉することもあり、迅速な情報の収集と分析で日本人の命を守るため全力でサポートをします。

開発途上国の支援を行うことも

また、外交官は開発途上国の支援にあたる仕事もしています。

紛争や貧困などによって苦しい生活を強いられている人たちの生活を豊かにするために、井戸を掘って水の供給率を高めたり、学校を作って子どもたちの識字率を向上させたりと働きかけます。

いわゆる、ODA(政府開発援助)にあたる仕事です。

こうした支援を通して、日本は国際社会のなかで大切な役割を担っています。

外交官の職種別の仕事・「総合職」の場合

外交官と一口に言っても、職種別で仕事内容が異なります。

まず、国家公務員総合職試験に合格し、外務省に入省した人は「キャリア職員」と呼ばれます。

本省で国益に直接関わるような外交政策の提案を作成したり、主要国在外公館に派遣され、現地高官を通じて赴任国の情報収集に努め、本省に報告したりします。

5〜6年おきに本省と在外公館(世界各地にある日本大使館など)勤務を繰り返します。

将来的には本省で管理職となったり、主要国の大使として仕事をする可能性の高い人たちです。

「外務省専門職員」の場合

外務省専門職員は、国家公務員には違いないのですが、外務省独自の試験を経て採用されます。

地域・国別のエキスパートを育てる目的で採用される枠です。英語以外の言語を使いこなして仕事をします。

具体的な業務内容としては、二国間外交として、催しなどを通じて担当国と日本の関係を促進する役割、ODA(政府開発援助)を利用した国際協力事業の管理などが挙げられます。

また、語学能力を買われると、通訳官として重要な会談や会見の通訳を担当する業務を割り当てられるかもしれません。

その他にもマルチ外交として、総合的な国際協力に関わる部署や、関係団体に出向する可能性もあります。

いずれの場合も、5〜6年おきに本省と在外公館勤務を繰り返します。

「一般職」の場合

国家公務員試験一般職に合格した人は、会計や庶務などの一般事務を行う職員として入省します。

外務省で勤務する一般職の場合でも、在外公館で領事業務に当たるため、5〜6年おきに在外勤務をするスタイルは、他の職種と同じです。