外交官への転職、中途採用

経験者採用試験を受ける

外務省で総合職に就きたい場合は、人事院管轄の「経験者採用試験(係長級(事務))」の共通試験を受ける必要があります。

「大学卒業後の職務経歴が2年以上あること」という応募条件があります。この共通試験に合格した人は、外務省のポストを希望して外務省独自の採用プロセスに移行します。

また、「経験者採用試験(係員級)」は、高卒資格以上を持つ人を対象に行われる一般職採用試験です。

こちらは高卒以上の学歴があれば、40歳未満の人であれば誰でも受験できます。

経験者採用試験は毎年8月から11月にかけて行われます。外務省のポストに募集がある場合は、毎年6月頃に外務省の採用ホームページで告知されます。

経験者採用枠については、各省のポストにニーズがあった場合にのみ募集がかかります。

そのため経験者採用試験に受かったとしても、その年に外務省の希望ポストのニーズがなければ意味がないことを覚えておく必要があります。

経験者採用試験に合格すると総合職としての入職になりますが、中途採用者は生え抜きのキャリア職員とは出世の速度に差があるという話もあります。

外務省経験者採用試験を受ける

特定の地域や分野、語学に強みがあり、国際交流業務に興味がある人は、「外務省経験者採用試験(書記官級)」に応募するといいでしょう。

外務省経験者採用試験については、応募は経験者採用試験と同じく人事院を通してインターネット上で行いますが、試験内容は外務省での業務を見越した独自の試験となります。

外国語試験の比重が高くなっているのが特徴です。

また、大学卒業以降の職務経歴が9年以上あることが応募条件となっています。

試験日程は、経験者採用試験とほぼ同じで8月から11月にかけて行われます。こちらもポストに空きが出た際に、6月頃に外務省公式ホームページに募集情報が記載されます。

経験者採用試験の合格率は?

人事院共通試験である経験者採用試験も、外務省経験者採用試験も、かなりの難関です。

2013年と2014年の合格率を見てみると、経験者採用試験(係長級(事務))の応募者数626人/最終合格者4人、応募者数1061人/最終合格者21人となっており、それぞれ1%未満〜2%程度と厳しい数字が出ています。

外務省経験者採用試験の方は、2013年の最終合格率は3%未満、2014年は10%といわれており、こちらも最終合格率は低いようです。

職務経験の内容ももちろん大事なのですが、まずは筆記試験対策を十分に立てることが重要です。