外交官の魅力

外国との友好関係を築く最前線で働く

商社や国際協力NGOなど海外を舞台に働く仕事はたくさんありますが、外交官の魅力は、日本と外国との友好関係を築く、まさに最前線で働くことにあります。

政治面や経済面、ときには文化面において、日本の代表として国益を守り、なおかつ立てた政策が円滑に進むよう情報を収集したり相手国と交渉したりすることは、外交官ならでは仕事といえるでしょう。

言ってみれば、国際関係における日本代表のような地位を、外交官は担っていることになります。

教科書に載る仕事

外交官の仕事は、国の大きな外交政策や通商政策に関係することになります。

たとえば外国との外交会議が開かれる場合、日本としての統一方針を作るために多くの外交官が情報収取や調整に当たりますし、日本の政府要人が外国を訪問する場合、立ち会うのはやはり外交官です。

これらはその時は単なる出来事でも、何十年後には国際関係を大きく動かす重要な転機である場合も多く、まさに教科書に載るような大きな仕事に携われるということも外交官の魅力といえます。

また、ODA(政府開発援助)に関わる仕事も外交官の職務の一つですが、これも相手国側から見ると、その国や地域に大切な変化をもたらすきっかけとなる場合もあります。

相手国側の教科書に載るような仕事に携わるチャンスも外交官には備わっているわけです。

若手も活躍できるチャンス

外交官は、一定期間のサイクルで、日本と在外公館での勤務を繰り返すことになります。

在外勤務の場合、アメリカ大使館のように大規模な公館に勤務することもありますが、中には少人数の公館に勤務することもあります。

規模が小さければ小さいほど、仕事の幅が広がりますので、若手のうちから大きな責任を担い、活躍するチャンスがあります。

とくに開発途上国に勤務した場合、若手のうちから相手国側の政府高官に会う機会や、中には直接交渉するチャンスが巡ってきたりすることもあるようです。

また在外勤務中に、滞在国で大きな事件や政変などが起こったりすると、外交官は真っ先に情報収集や在留邦人の安否確認を行う必要があるので、まさに年齢関係なく国を代表して最前線で活躍するチャンスがあるのです。