外交官の英語力、語学力

英語はできてあたり前、+αが望ましい

国家公務員総合職(いわゆるキャリア外交官)を目指す人の場合は、入省の時点で高い英語力を求められます。

英語は外交の世界では必須の仕事道具のようなものなので、使いこなせなければ仕事になりません。

外務省専門職員の場合は、高い英語力に加え、もうひとつの専門言語にある程度通じている必要があります。特定地域の担当となり、在外公館を担当する領事業務や、国際交流業務をこなしていくためです。

一般職で入省したとしても、事務方として扱う業務は国際関係ですから、英語の読み書きは重要なスキルです。

英語の資格は必要か

帰国子女や海外留学経験のある外交官は少なくありませんが、たとえば英米圏の大学を卒業したというのであれば、それだけで英語能力の証明にはなるでしょう。

そういった経験がない人には、TOEFLや国連英検が英語の資格としてはおすすめです。

TOEFLは海外留学をする際に、英語の授業に付いていくための能力を測る試験です。国連英検は、外務省後援で、その名の通り国際協力の仕事をする際に必要な英語能力を問うものです。

両試験に共通するのが、出題分野の広さです。文系・理系を問わずさまざまな分野から出題されます。そのため、外交官として幅広い問題に取り組むための、英語力の適切な目安になるといえます。

一般的に、TOEFLであればiBT100、PBT600のスコアがあれば、英語ネイティブの授業に問題なく付いていけるレベルとされます。

国連英検では、最高レベルである特A級を目指したいところです。

外務省の語学研修は充実している

英語やその他の言語を、外交ツールとして更に磨いていくために、総合職と外務専門職には、外務省入省後に語学研修を兼ねた海外派遣制度が用意されています。

期間はおよそ2-3年間で、総合職の場合は英米圏に、外務省専門職の場合は専門言語を母国語とする国に派遣されるケースが多いようです。

しかし語学力はひとつのツールに過ぎません。外交官としては、コミュニケーション能力と調整能力を絶え間なく研鑽していくことが求められます。