キャリア外交官と外務省専門職員の違い

高い語学力が求められる専門職

海外の国を飛び回り、外交を主な仕事として活躍する外務省の職員のなかには、「総合職」として採用された職員と「専門職」として採用された職員がいます。

総合職

「総合職」の職員は、いわゆる「キャリア外交官」と呼ばれる人たちで、一般的には将来の大使や幹部候補生です。

さまざまな国での経験を経て総合的な能力を身につけて、いずれは大使や公使、さらには事務次官という重要なポストに就きます。

語学力はもちろんのこと、世界全体の情勢を把握する能力や、高い交渉術などが求められるのが総合職の特徴です。

外務省専門職

一方で、「外務省専門職」の職員は、高い語学能力を武器に、関連する地域の社会、文化、歴史等に通じた地域の専門家として活躍します。

経済、安保、国連、経済協力、条約等さまざまな分野の専門家として活躍することが期待される職種で、外務省および在外公館で外交領事業務もしくはそれに関連する事務を行います。

「外務省専門職」は「総合職」以上の専門的な語学力が求められる仕事ともいえるでしょう。

担当地域のプロフェッショナルをめざして

「総合職」として入省したい場合、他省庁と共通の国家公務員総合職試験を受験しますが、「外務省専門職」では、外務省独自の試験を受験します。

しかしどちらの職種も、国家公務員であることに変わりはありません。

外務省専門職試験の一次試験は、憲法、国際法、経済学などの専門試験や基礎能力試験、時事論文試験、外国語試験です。

この試験を突破した人は二次試験で、面接での外国語試験や人物試験、身体検査を受けることになります。

すべての試験に合格すると、「外務省専門職員採用候補者名簿」に記載され、試験実施の翌年4月に外務事務官として外務省に採用されます。

採用後は一カ月間の国内研修を受け、引き続き外務本省に勤務したのち、研修語を履修するのに適した国にある在外公館に外交官補として配属になります。この研修期間は2〜3年ほどです。

それ以降は本省勤務と在外公館勤務を5〜6年ごとに繰り返します。

語学だけではなく、その語学と関連する国・地域の社会、文化、歴史、経済などに精通した専門家として活躍することが期待されています。