ファンドマネージャーになるには

運用会社で働く人が大半

ファンドマネージャーは一般的に、信託銀行や証券会社系の投資顧問会社、独立系の投資顧問会社、保険会社などで働いています。

そのため、まずはこれらの会社に就職をすることが必要になりますが、専門知識を要する仕事であるため、未経験者がいきなりファンドマネージャーの肩書きを持って仕事を始めることは、ほぼ不可能です。

大半の人は、まず調査部門に所属し「アナリスト」として財務分析を行ったり、企業訪問を通じて投資のためのリサーチ力や分析力を習得し、ある程度の経験を積んだ上でファンドマネージャーへと昇格します。

ただし、これらの会社は他の調査部門や運用部門だけではなく、総務部や経理部、システム部、法務部、営業部などさまざまな部署から成り立っているため、希望した人が全員ファンドマネージャーを目指せるわけではありません。

高い語学力や資格などのアピール材料がなければ、運用の仕事に関わることすら厳しいようです。

ファンドマネージャーになるための勉強

ファンドマネージャーになるために絶対に必要とされる公的資格はなく、実際に働いている人の学歴もさまざまです。

この仕事は学生時代に何を学んだかというよりも、入社後の業務を通じて、資質や能力を見られることのほうが多いようです。

ただし、ファンドマネージャーに関連する知識を学生のうちに身に付けておくことは、就職活動の際のアピールポイントになるでしょう。

関連する民間資格として「証券アナリスト」があり、もし運用会社に入社した場合、入社数年以内にこの資格取得を求められるケースが一般的です。

できるだけ早く資格をとることで、ファンドマネージャーになれる可能性も高まると言われています。

50%程度の合格率を考えても、さほど難しい資格ではありませんので、どうしてもファンドマネージャーになりたいのであれば、勉強しておいて損はないでしょう。

一方、外資系の運用会社で働くファンドマネージャーの場合、超有名大学を出ていたり、米国の大学のMBAを取得している人も少なくありません。

仕事体験談