ファンドマネージャーのつらいこと、大変なこと、苦労

とにかく会議が多い

莫大なお金を動かすファンドマネージャーの仕事で、最も大変なのは「市場が暴落したとき」だと考える人は少なくないでしょう。

しかし、実際のところは、市場が暴落したときでも大丈夫なように、ポートフォリオ(資金をさまざまな対象に分散して投資し、リスクを低減すること)を組んでいるため、それをさほど心配することはありません。

むしろ、ファンドマネージャーにとって一番大変なのは、「毎日たくさん行われる会議に参加すること」という人もいます。

運用会社では毎日ファンドの売買を報告したり、意見交換をし合ったりと、実に会議が多い組織として有名です。

会議に参加することで運用にプラスの影響が出ればいいのですが、必ずしもいい情報を得たり、参考になるアイデアを得られるとは限りません。

「会議で眠気を我慢すること」はファンドマネージャーにとって、つらいことの一つです。

地味な仕事が連続する

「たくさん稼げる」「カッコいい」といったイメージを持たれがちなファンドマネージャーですが、ヘッジファンド(世界中の富裕層から資金を集め、ハイリスク・ハイリターンの運用をする投資組織のこと)でもない限り、日常は地味な仕事の連続です。

会議、打ち合わせ、事務作業を、黙々とこなさなければなりません。

運用の場面に関しても、事前にきっちりと計算した上で動かなければ問題になってしまいます。たとえ大きな儲けが出たとしても「計算から外れた」行動は、基本的にはあってはならないことなのです。

そのため、運を頼りにガッポリ儲けるようなことよりも、自分で計算した通りに「顧客に損をさせることなく、確実に利益が出せた」という地道な喜びが、実はとても大切なことなのです。

しかし確実な利益を出すためには、日々世の中の動きにアンテナを張り巡らせ、地道な勉強を続ける必要があります。

こういった実情を知らずに「華やかなイメージ」だけを抱いてファンドマネージャーになった人は、実際に働いてみると予想外に地味な面が多いことに驚くと同時に、多忙な日々についていけなくなってしまうかもしれません。

仕事体験談