ファンドマネージャーの就職先、活躍の場

機関投資家としてのファンドマネージャー

ファンドマネージャーとは、お客さまから預かったお金を金融マーケットで運用して利益を上げる仕事です。

日本では、ファンドマネージャーのほとんどが投資信託委託会社、投資顧問会社、生命保険会社、損害保険会社等に所属する会社員です。

彼らが動かす資金は一度に数億円、大規模な場合は数百億円単位であることも珍しくありません。

そんなスケールの大きい仕事である、ファンドマネージャーという職業に憧れる学生も多いのではないでしょうか。

ファンドマネージャーの形態

では、そんな金融マーケットの花形であるファンドマネージャーの仕事につくにはどうしたらいいのでしょうか。

実は、ファンドマネージャーと一口に言っても、さまざまな形態があります。

ファンドマネージャーとは、お客さまから集めた巨大なお金を動かす仕事であり、いわゆる機関投資家と呼ばれています。

中には、会社から独立して自分で投資信託委託会社を設立し、投資信託の商品を売り出して自らオーナーファンドマネージャーとして活躍している人もいます。

日系企業でファンドマネージャーになれるかは人事次第

しかし、日本ではほとんどのファンドマネージャーは通常、会社に所属するファンド運用担当者の一人である会社員に過ぎません。

「どうしてもファンドマネージャーになりたい!」と思い募集を探しても、なかなか「ファンドマネージャー」の求人は見当たりません。

なぜなら、多くの日本の会社は新卒の採用をついて「営業職」「事務職」といった大まかな募集をすることはありますが、特定の職種に絞って募集することはあまりないからです。

ましてや、ファンドマネージャーを抱える会社であっても、ファンドマネージャーの人員は大人数ではありません。あくまでも会社の中にある多数の部署にいる人が行う仕事のひとつなのです。

ファンドマネージャーがいる会社に入社したとしても、希望が叶えられるかどうかは人事次第になります。

新卒でファンドマネージャー採用はわずか

ただし、新卒でファンドマネージャーとして採用されることはかなりまれです。

さまざまな仕事を経験し、金融マーケットに関する総合的な経験ができないと、なかなか巨額の資金を任せることはできないためです。

ファンドマネージャーはただ自分の勘だけをたよりにする博打とは違う仕事ですので、証券アナリストの知識はもちろんのこと、複雑な金融工学に詳しい人などが採用される可能性も高いでしょう。

人事異動でファンドマネージャーになるには、最低でも証券アナリストの資格は必須となります。

アナリスト職からファンドマネージャー職へ転向する人もかなり多いのはその理由の一つです。

数百億円単位のお金を動かすこともありますので、金融マーケットに関する豊富なの知識や、相場を確かに判断する力とセンスが要求されるのがファンドマネージャーの仕事です。

仕事体験談