女性のファンドマネージャー

依然として少ない女性の割合

近年、女性の社会進出が目覚ましい日本社会ではありますが、10年以上前は金融マーケットの中にはほとんど女性のプレーヤーはいませんでした。

ファンドマネージャーに関しては、チームの中心となってファンドマネージャーとしてファンドを仕切るという話はまれで、日系の会社に限らず、外資系ファンドであっても、ファンドマネージャーの女性はかなり珍しい存在でした。

しかし、金融マーケットの世界も、時代によって様変わりしてきています。

女性ファンドマネージャーによる運用に特化したファンド

近年では、女性を登用する企業の価値が高まっていました。

ファンドマネージャーのチームの半分以上が女性である、女性活力に特化した投資信託を立ち上げた会社もあります。

女性が多いからこその、多様性に富んだメンバーによる運用が人気を呼んでいます。

このような試みとして、数社が女性ファンド(投資信託商品)として売り出しています。

女性を重用する企業の株式をファンドに組み込み投資するという意味もありますが、女性ファンドマネージャーならではの男性とはまた違った視点を活かすことによって、ファンドを成長させられるのではないか、との期待もあるからでしょう。

女性ならではの利点と視点を生かした運用

まだまだ他の職種に比べて女性の割合は少ないといえども、このようにファンドマネージャーの世界にも女性が増えつつあります。

アメリカの調査では、女性ファンドマネージャーが運用するファンドは、男性よりも運用成績が良かったという調査もあります。

その調査によると、女性ファンドマネージャーは大きなリスクはとらず、ファンドの安定運用につとめる傾向が多かった結果、大きい損を抱えることがなく、相対的に高いリターンをあげることができたとされています。

また女性ファンドマネージャーは、コミニケーション能力が高い人が多いようです。

通常は表に出ないファンドマネジャーであっても、わざわざレポートを発表したり、投資家向けの説明会に登壇するなど投資家の方々に親近感持たせ、運用側の考えを伝えたいと積極的に活動する女性ファンドマネージャーもいます。

ファンドマネジャーは、他の金融マーケットの仕事と同じようにとにかく朝が早いですが、夜はそんなに遅く残業することが少ないようです。

そのため、朝の時間に家族のフォローがいられるようであれば、家庭を持ってからでも続けられる仕事かもしれません。

仕事体験談