ファンドマネージャーの1日

ファンドマネージャーの朝は早い

ファンドマネージャーに限らず、金融マーケットに携わる人々の朝はとにかく早いことで有名です。

日本の金融マーケットの中心である東京証券取引所の開始時間は朝9時ですが、市場が始まる前にはもうすでに今日すべき仕事の準備と段取りを整えておかねばならないためです。

市場が開く前に、さまざまな情報を仕入れて今日の戦略を立てなければならないため、金融マーケットの仕事につきたい方は、朝に強いことが第一の条件となります。

とある投資信託委託会社のファンドマネージャーの1日

・5:00   起床
・7:00  出勤。海外市場・メールチェック
・7:45  デスクワーク
・8:45  社内ミーティング
・9:00  トレーダー等からの電話
・10:30 来客
・11:30 宅配弁当を食べながら社内ミーティング
・13:30 企業訪問・セミナーや説明会などで投資リサーチ
・17:00 帰社して資料作成
・18:30 業務終了

ファンドマネージャーのタイムスケジュール

早い人で朝5時ごろに起きて、7時前には職場に着く人も少なからずいます。

通勤時間を使って、出勤前には日経新聞などの新聞に目を通します。

市場が開く前に社内で早朝ミーティングがあり、今日は金融マーケットでどういう取引をしようか、などの打ち合わせをします。

その後、各証券会社のトレーダーから、「今日の商売はどうしましょうか?」というような要件の電話が立て続けにあります。

トレーダー達は今日のおすすめする取引について、彼らの相場観を披露しながらさまざまなプランを提案しています。

それらを参考にしながら、ファンドマネージャーは1日の取引方針の大枠を考えます。

そして朝の9時に市場がスタートすると、ファンドマネージャーはトレーダーを通じて、有価証券を売買します。

金融マーケットに勤める人たちの昼休みは12時からではありません。

市場が昼休みに入る11時半くらいから、早めの昼をとり、12時半から午後のマーケットが始まります。

そのため、昼をゆっくり食べに行くような時間はあまりありません。

そして市場は午後3時に終了しますので、その後は伝票の処理ですとか、反省点等の報告、そしてまたトレーダーと電話したりします。

ファンドマネジャーは、市場が終わった後はトレーダーの訪問を受けたり、ミーティングで時間をとられることはありますが、比較的早く帰宅できる人も多いようです。

しかし、新しいファンド(投資信託)を立ち上げるときなどは、イレギュラーに忙しくなります。

仕事体験談