福祉用具専門相談員になるには

福祉用具専門相談員の資格を取得する

福祉用具専門相談員になるには、まず「福祉用具専門相談員」の資格を取得することが第一歩となります。

資格取得は必須ではありませんが、介護保険の指定を受けた福祉用具貸与・販売事業所では福祉用具専門相談員を2名以上置くことが義務付けられているため、資格を持っていると就職に有利になるでしょう。

福祉用具専門相談員資格は、都道府県知事の指定を受けた研修事業者が実施する「福祉用具専門相談員指定講習」を受講し、講習の最後に実施される修了評価という筆記試験に合格することによって取得可能です。

なお、この講習に受講制限はなく、基本的にはどのような人でも受講できるものとなっています。

就職先や活躍の場は?

福祉用具専門相談員の有資格者は福祉用具・貸与事業所に就職する人が多いようですが、実際にはこの資格だけでの就職は困難であるようです。

たいていは、介護職や営業職といった別の仕事と兼務するパターンとなり、別の業務を担当しながら、福祉用具に関する専門知識を生かしていく働き方になるでしょう。

なお、介護施設に就職して介護職を兼務する場合には「介護職員初任者研修」の資格が求められることがあります。

また、福祉用具メーカーの営業職であれば「普通自動車運転免許」が必要になることもあります。

資格に有効期限はなし

有資格者であっても福祉用具貸与・販売事務所などには勤務せず、家族の介護や地域の高齢者福祉ボランティア活動などで、修得した知識や技術を生かしている人もいるようです。

この資格には有効期限が設けられていないため、一度取得すれば、生涯を通じて資格を役立たせることが可能です。

しかし、新しい情報はつねに追っておく必要があります。

現場では、福祉用具専門相談員として働く人がさらなるレベルアップのために、「福祉用具プランナー」「福祉用具選定士」「福祉住環境コーディネーター」といった別の関連資格の取得も目指すケースが多いようです。