不動産鑑定士への転職

20代は引く手あまた

不動産鑑定士として転職するに当たり、もっとも人気の高い年代は「20代」でしょう。これは他業種でもいえることですが、20代は柔軟性も将来可能性も高い上に、初期の賃金が低めで済むということも、その理由に挙げられます。

また、大手の不動産鑑定業者は支社や支店を構えているところもありますが、若いうちの方が転勤しやすいといったことも理由の1つです。

20代で不動産鑑定士試験に合格すればかなりの確率で就職できます。これは、業界未経験であっても言えることで、大手不動産鑑定業者の過去の求人募集要項でも、20代であれば不動産業界等の経験を求められていないケースも多いです。

また、これから取得したいという方に対しても、補助者として働かせてもらいながら学習時間を確保してもらえるケースもあります。

30代は経験や他のスキルによる

20代は引く手あまたですが、30代でもチャンスがないわけではありません。

ただし、自分ならではの強みを持っているかどうかが、より良い条件のところで働けるかということに関わってきます。

特に、30代後半になれば不動産鑑定士試験に合格しているのは当然として、既に登録済みで実務経験もあるとか、他のスキルがあるとか、プラスアルファがなければ難しいようです。

プラスアルファとしては、登録済み+実務経験がもっともよく、この条件であれば即戦力になることができます。

ただし、他のスキルで補える場合もあります。

他のスキルで求められるものとしては、主にITスキルが多いようで、エクセルのマクロ(VBA)で評価シートを自動化したり、HTMLやJavaのスキルでWEBサイトを開発したり、データベースを構築したりできると評価されます。

このほかにも、営業スキルやプレゼンスキルも武器にはなりますが、ITスキルほど明確に表現できるものではないので、転職でのアピールとしては若干弱めになります。

40代以上は相当の努力が必要。でも可能性はある。

一念発起して脱サラし、不動産鑑定士になる方もいらっしゃるのがこの業界です。また、脱サラしなくてもコツコツ働きながら頑張って、何年もかけて受かるという方もいらっしゃいます。

中には40代、50代になって鑑定士になられる方もいらっしゃいます。

このような方の就職は、20代や30代の方と比べると相当の努力が必要です。ただし、その年代で超難関資格である不動産鑑定士を取ることができる方であれば、その努力を買ってくれるところもあるはずです。

先ほども書いた通り、そのように苦労なさって不動産鑑定士になった方は少なくないので、その努力への理解があるのです。

ただし、これから資格を取るために補助者として雇ってもらいたいとか、短答式(一次)試験だけの合格で未経験で他のスキルもないという方は、かなり厳しいでしょう。

つまり、40代〜50代は最低限、論文式(二次)試験に合格している必要があるのです。